【OGA】大人なメンズの鞄・バッグ専門サイト

できる大人の男性が持つのに相応しい本革の鞄やバッグを、使用者のレビューを中心に掲載しています。

予算7万・8万・9万円で選ぶおすすめのメンズ鞄・バッグブランド14選

      2017/05/08

 

予算7万・8万・9万円で選ぶおすすめのメンズ鞄・バッグブランドを厳選しました。

 

YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

全体を優しく焦がしたかのような、独特の美しいグラデーションや、鮮やかな色彩が印象的なYUHAKUのバッグ。それでありながら、決して派手過ぎたり浮いてしまったりすることのない雰囲気は、まさに唯一無二です!10万円を切るようなお値打ち商品もありますので、YUHAKUのラインナップは是非、隅から隅までチェクしてくださいね!

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

黒字に赤のブランドロゴが映えるTUMIのバッグは、今、ビジネスマン達の間で爆発的人気を誇っています。丈夫過ぎて買い換えるタイミングがやってこない…!と言われているほど頑丈な本体には、米国陸軍の防弾チョッキにも使用されているという素材が使われているのだそうです。耐久性が高く、多機能なビジネスバッグを狙っているという人は、是非!

 

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

イタリア語でバイソン(野牛)を意味するイルビゾンテのロゴマークは、ファッション雑誌の表紙を飾ったりすることもあるほど、今、若者達の間で憧れの的となっています。ありがちでない、でもハイセンスな、周囲と確実に差をつけられる海外産の本革バッグが欲しい…ということでしたら、イルビゾンテが断然オススメですよ!

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

創業50周年を迎える、老舗ブランドです。日本国内の革製品愛好家であれば、土屋鞄の名前を知らない人はいないでしょう。本格的なビジネスバッグの価格帯となると10万円台になってきますが、7〜9万円でも高品質で使い勝手の良いバッグが充分、手に入ります。カジュアルな雰囲気のものであれば、3万円台くらいからでも商品が展開されていますよ!

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

イタリアやフランス発のブランドが多い中、バリーは、メイドインスイスという珍しいポジションで展開されているブランドです。スイス国旗を彷彿とさせるような、鮮やかな赤白赤のラインが施されているなど、メリハリの効いたデザインのバッグが多く、魅力的ですよ!価格帯はお高めですが、8万円クラスでも高級感のある商品が展開されています。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ヨーロッパから輸入したこだわりの皮革素材を、日本の職人が熟練された技術で縫製し、製品に仕上げるというのが、ガンゾのスタイルです。高品質なブランドだけあって、価格帯は10万円〜20万円のものが中心と、ややお高めですが、ざっくりとしたトートバッグであれば3万円台から揃っていたりもしますし、7〜9万円のラインもじっくりチェックしてください。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

販売店を国内にたった2箇所しか持っていない、スーパーレアな、超隠れ優良ブランドです。革製品愛好家ならば、パッと見ただけで、すぐにその価値がわかるほど、素晴らしく磨き上げられた商品が、リーズナブルな価格で手に入りますよ!本格志向の、こだわりあるバッグをお探しの方なら、まずは万双をチェックするべきです。

 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

イタリア最高峰のタンナーの中でも、さらに選び抜かれたAランクの革素材しか使用しないという、徹底したこだわりを持つブランドです。職人が持つ技術力には、とにかく自信があるとのこと。欧州産の高級外車のハンドルを持った時のようなグリップ感に定評があるので、狙うなら是非、手提げタイプのビジネスバッグを!

 

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

イタリア発の隠れ一流ブランドです。商品の価格が高くなってしまったとしても、とにかく手縫いでこだわり抜いたバッグを提供しよう!という、プライドを貫いているんです。一切の妥協を許さない超職人気質なブランドとして、定評があるんですよ!固定ファンから、常に好感を抱かれている、ダニエル&ボブのバッグに是非注目してください。

 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA なら、7〜9万円台で、高級感のある、いかにもビジネスバッグらしいビジネスバッグが手に入りますよ!奇をてらっている風ではないのに、しっかりとした独特の存在感があり、またシンプルに見えて実は多機能という、絶妙な落としどころは、メイドインジャパンならでは!カジュアルなラインも揃っているので、併せてチェックしてくだい。

 

FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)

海外のハイクラスブランドのような雰囲気を持つ、純国産の革製品ブランド。極薄の財布で、その人気に一気に火が点いたと言われています。ありがちな海外のブランドバッグを持つことに飽きた人々は、既にFAROに移行しているという噂も…!独特のオリジナルカモフラージュ柄をあしらった都会的なバッグなどにご注目!

 

LAST CROPS(ラストクロップス)

LAST CROPS(ラストクロップス)

革製品ブランドとして人気の高い、あの WILD SWANS から、さらなる理想を追求するために、独立して出来たというのが、こちらのラストクロップスです。7〜9万円台は、ラストクロップスの主力商品が揃っているラインなので、是非お見逃しなく!直営店が少ないので、ますます手に入れたくなってしまう、幻のようなブランドです。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

海外のハイブランドバッグを手に入れようとすると、10万円を越えてしまうことがほとんど!しかし、コーチなら、8万円台前後の商品が大多数を占めているので、オススメですよ!最も有名なのは、コーチの『C』をあしらったモノグラムデザインのバッグですが、あえてそこをはずし、さりげないけどコーチ…的な商品を狙うのもオシャレでしょう。

 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)

ヌメ革の使い方に定評のあるBREEの商品を購入しているのは、そのほとんどが、革製品をこよなく愛するマニアの人々である…と言われています。経年変化にたまらない魅力を感じる…という人は、BREEをチェックしてみると良いでしょう!2〜3万円や、中には1万円台で入手できる商品もあるので、8万円前後なら、かなり高級なバッグが手に入りますよ!

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , ,