カバン(メンズ)通販サイトで人気の高いおすすめブランド24選

   

 

カバン(メンズ)通販サイトで人気の高いおすすめブランドを厳選しました。

 

カバン通販サイト

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、日本で誕生したブランドです。

ヨーロッパ発のような、英国紳士が愛用していそうな雰囲気が魅力となっていますが、実は日本製で高品質、というところが、とにかく美味しいポイントなのです。

ブライドルやコードバンなど、人気の高いレザーが各種揃っているので、まずはチェックすべきでしょう。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

華やかな海外製のバッグを、そこそこの価格で手に入れたい、ということなら、イタリア発のオロビアンコは断然オススメできるブランドです。

唯一の難点は、人気過ぎて、人とかぶりやすいことである…というところ以外、特に非の打ち所が見当たらない、最強のブランドであると言えるでしょう。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

シンプルなバッグであればあるほど、素材の質感や、シルエットの美しさが目立つ…ということに気づいている人は、エルゴポックに注目してみてください。必ず満足のいく商品が見つかるはずです。

ひけらかさないけれども、主張を持った商品を…、というポリシーの元に開発されているバッグは、本物を見抜く目を持った人に支持されています。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

シンプルなだけじゃ物足りない!他ではなかなか見掛けない色のバッグで、個性をアピールしてみたい!という人は、アニアリのバッグを購入してみると良いでしょう。

アニアリは、徹底して国産であることにこだわっているブランドで、レザーの開発も独自に行っているため、とにかくカラーバリエーションが豊富という特徴を持っているのです。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

バッグに求めるものは、ズバリ!スペックだ、という男性は、TUMIとの相性が最高に良いでしょう。

2WAY、3WAY、であることなんて、当たり前。防水性や、防熱性も高く、とにかく、収納しやすくて、その上、落とした時には、固有の製造番号で持ち主を割り出してもらえる、といったように、TUMIには、男性の心にグッとくるエッセンスが詰まっています。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

シンプルだけれど、さりげなくマルチカラーが配されているポール・スミスの商品は、ありきたりなオシャレじゃ物足りない!という、意識の高いメンズにマッチするブランドです。

ショップの雰囲気も非常に入りやすく、初心者でもウエルカムなところが、ポール・スミスがここまで人気ブランドになった所以でしょう。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、日本で誕生したブランドです。

豪華客船の旅、という独特の世界観を全面に打ち出しており、エレガントで垢抜けているバッグや財布の数々を生み出しています。

ヨーロッパ系の雰囲気が好きだけれど、品質は日本製の方が安心できると考える人に、絶妙にマッチするブランドであると言えます。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツで製造されている革製品には、「大人カワイイ」独特の雰囲気があります。

本格的なのに、決して地味にまとまってはおらず、商品の1つ1つが、「僕を見て!」「私を見て!」というように、存在感を主張していると言うのでしょうか。「そのバッグ、イイですね!どこで買ったんですか?」と言われたいなら、ヘルツで決まりでしょう。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双の世界観は、非常に渋く、ツウな男が求める魅力に溢れています。

ブライドルやコードバンといった、人気の高いレザーを普通に押さえているだけでなく、クオリティの高いオリジナル素材を独自に開発していたりもする、とにかく本格的なレザーブランドなのです。

東京にしか店舗がないので、通販での需要が高まっています。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、英国で誕生した、伝統的で高品質なレザーグッズのブランドです。

面接や商談やセレモニーなど、きちんとした場面では、とにかく上品なアイテムを身に着けておくべきでしょう。

そのことがわかっている人は、若いうちから、グレンロイヤルというブランドの存在に目を付けています。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタは、数ある海外系ハイブランドの中でもトップクラスに高級で、なかなか近寄りがたい存在のブランドです。

それだけに、あえて通販でボッテガを購入してみようというのは、非常に理解できる選択と言えます。

独特のレザーの編み込み、「イントレチャート」を是非、自分だけのものにしてみてください。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーというと、マフラーのイメージを強く持っている人もいることでしょう。

バーバリー=ファッションブランドという認識が強かった人にとって、バーバリーにも、メンズバッグがあったんだ!というのは、意外に盲点的な発想かもしれません。

価格帯は非常に高めですが、間違いなく納得のいく、洗練されたバッグを見つけることができるはずです。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルのバッグを愛用していたら、確実にスタイリッシュなデキる男として、憧れの存在になれることでしょう。

英国で誕生した超高級ブランド、ダンヒルは、サッカーの日本代表チームもオフィシャルでスーツを着用するほど。世界的にも信頼度の高い、本物感の強いブランドというわけです。

価格帯はかなり高めとなっていますが、いつかは挑戦してみたくなる存在です。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、スイスで誕生しているブランドです。ヨーロッパ発のブランドは、数多く存在しますが、そんな中でも、バリーは、独特のクールでスタイリッシュな路線を貫いています。

ブラックやブラウンのシックなベース地に、赤と白のストライプというのが、バリーのアイコン的なデザインです。

人と差のつくオシャレを目指しているという人にオススメできます。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアン・ウエストウッドの世界観は、ロックでクールでパンクです。

ありきたりなオシャレじゃ物足りない!いつだって、スタイリッシュで尖っていたい!というメンズにお薦めなのですが、そんな中でも、特に女性ウケを狙いたいという人に、ヴィヴィアンは向いています。

コアな女性ファンを多く持つブランドなので、知っておいて損はないでしょう!

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージはイタリア発のブランドです。

イタリアというと、遊び人が多く、情熱的な国というイメージを持っている人もいるかもれませんが、フェリージの世界観はそれとは逆で、非常に爽やかで、柔らかい魅力を持っています。

価格帯も優しく、上質なレザーをナイロン生地と巧みに組み合わせるのが得意なブランドでもあったりします。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

女性人気の高いブランドのメンズラインを、巧みに使いこなしたい!という人には、イタリア発の高級ブランド、プラダがお薦めできます。

プラダの知名度は圧倒的なので、プラダのロゴが輝いているバッグを持てば、確実に女性からの視線を集めることができるはず。

価格帯は高級ですが、そこに費やすだけの価値は確実にあると言えるでしょう。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

サルヴァトーレ・フェラガモは、名だたる高級ブランドの中でも、美味しいポジションをキープしていると言えるでしょう。

知名度は確実にあるのですが、誰もがこぞってマネをして購入する、というような感じで、手垢が付いている感じは一切ないので、フェラガモ=セレブというイメージが定着しているのです。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、メンズ向けの高級ブランドです。

モード系のシックでクールなファッションに合わせやすく、もちろん、スーツスタイルにもビシッと決まるアイテムが多いので、ビジネスマンとして、ワンランクもツーランクも上がっていきたいということなら、アルマーニに投資するというスタイルでいて、間違いないでしょう。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランは、黒にシルバーという、非常にシックで洗練された世界観が特徴的なブランドです。

男性が最もクールに見える色は、やはりブラックですから、サンローランで全身をコーディネートする、というのは、モテる男でありたい人、デキる男に見られたい人にとって、非常に賢明な選択肢です。

女性ウケも良いブランドなので、かなりお薦めです。

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

スペイン発であるロエベの世界観は、非常に斬新で独特で奇抜です。

ロエベのアイテムを上手に身につけることができたら、それはかなりのファッション上級者であると言えるでしょう。

全身をモノトーンでシックに決めた上、ワンポイントの光る個性としてロエベのバッグを提げるというのは、優秀なコーディネートかもしれません。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、男女問わず、高い人気を誇っている超有名ハイブランドです。

誕生したのは、アメリカのニューヨークですが、落ち着きのある、シックな雰囲気は、日本人との親和性が抜群。特に、年齢層の高い人々から、コーチは安定した支持を得ています。

価格帯も、驚くほど高いわけではないので、手を伸ばしやすく、狙い目です。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

海外の一流ブランドバッグを、颯爽と持ち歩きたいという願望を持っているなら、まずはルイヴィトンから攻めるべきでしょう。

高級ブランドとしてのアイコン的役割を果たす存在でもあるので、特に「このブランドにしたい!」強いこだわりが特にないようであれば、手堅くヴィトンを選ぶというのは、多くの日本人が辿る道です。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

「GG」のシグネチャーに、赤と緑のライン、という、いかにもなグッチのバッグを選ぶのか、それとも、シンプルだけれども、さりげなくグッチのマークが入っている路線を行くのか。いずれにしても、イタリア発の大人気高級ブランド、グッチのアイテムを購入するというのは、全ての人にとって、輝かしい瞬間です。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , ,