【OGA】大人なメンズの鞄・バッグ専門サイト

できる大人の男性が持つのに相応しい本革の鞄やバッグを、使用者のレビューを中心に掲載しています。

『aniary(アニアリ)』15-06001小さなボストンバッグをレビュー!

      2017/05/08

『aniary(アニアリ)』15-06001 ボストンバッグ

アニアリの小さいサイズのボストンバッグを気に入って使っています。

 

アニアリのバッグを買おうと思ったキッカケ

ネットの記事でたまたまアニアリの存在を知り、バッグに関して、品揃えの豊富さと、カラーバリエーションの多さが圧倒的だな…!と感じたので、とりあえずフラフラ、お店まで見に行ってみることにしたんです。

アニアリのバッグを買おうと思ったキッカケ

必要に迫られてバッグを探していたわけではないのですが、店頭でこのボストンバッグにとても惹かれたので、ついついその場で購入を決意してしまいました。

 

アニアリ ボストンバッグの気に入っているポイント

一言でいうと「存在感」なのかな、と思います。

アニアリ ボストンバッグの気に入っているポイント

ボストンバッグと名乗るわりには、少し小さめなところだったり、ボストンなのでそこまで自立する必要がないというのに、妙に安定感のあるフォルムをしていたり、金具部分がこの手のバッグでは意外と珍しい温かみのあるゴールドだったり…。

アニアリ ボストンバッグの気に入っているポイント

特別、どこかがものすごく変わっていたり、尖っていたりするわけではないんですよね。

ただ、1つ1つの要素がちょっとずつ、普通でない部分を持っていて…。だから全体を見た時に「ハッ」とさせられるような特別なオーラを感じたのかな、と思います。

 

旅行へ出かけるなら、きっともう少し大きいバッグの方がいいだろうし、ビジネスで使うなら、もう少しカッチリしたブリーフケースの方がいいだろうし、プライベートで使うなら、もうちょっとラフなデザインの方が使いやすいだろうし…、このバッグは、イマイチどこに需要がヒットするかわからない危うさを持っていて。でも、そこが猛烈に魅力的だと思ったんです!

IMG_5295s

人間でも、そういう人って、なんとなく魅力的に見えたりしませんかね?居場所がなさそうにしている…というか。「いわゆる」とか「ありがち」みたいな野暮ったさがないので、持っているだけで何となく、いい意味で人から浮いたような存在になれる、そんな魅力を、僕はこのバッグに対して勝手に感じています。

IMG_5323s

そんなちょっと浮いた存在のバッグではありますが、このバッグのバックボーンは、とてもしっかりしています。

素材として使用されている革は、独特なシュリンクレザー。ブランドがオリジナルに開発したもので、手作業により、細かい陰影が出るように調整されているのだそうです。

デザイン的にギュッと詰まったような印象があるので、「重そう…」と感じた人もいるかもしれませんが、実はかなり軽いというところも魅力なんですよ!

 

アニアリ ボストンバッグを使用した感想

どこに需要があるか、微妙に全ての王道を外してしまっているバッグ…というような書き方をしてしまいましたが、実際、使ってみたらとりあえず僕の需要にはピッタリマッチしました!

アニアリ ボストンバッグを使用した感想

旅行って、旅先で不便があっては困るから…という気分になるので、あれもこれも…とついつい、荷物を詰め込んでしまいがちなんですよね。

ただ、このバッグで出掛けてみよう!と思った瞬間、荷物って実はそんなに要らないんだな…ということに気づきました。

下着類なんかは、もう使えなくなって捨て時に困っているものを持っていけば、帰りに処分してしまえますし、仮に何かが足りない!ということになったとしたって、今は大抵のものを現地で入手できる時代ですからね。

むしろ、今まで何をそんなに持ち歩いて行ってたっけ?と不思議になるくらい、このバッグのサイズ感で旅行はバッチリ!でした。

 

収納に関しては、メインの部分以外に、中にも外にも、過保護なくらいに、オープン、クローズ、大小、様々なポケットを用意してくれていて、ありがたいです。

4

独特な存在感があるのに、そこにあぐらをかくことなく、基本をちゃんとおさえているバッグというだけで、愛着を感じます。

5

 

僕は、このバッグを「特別な気分の時に使いたい」と考えているので、あえて普段は手をつけていません。いい意味で、日常使いにしてしまうには、ちょっともったいないかな、と思ったんですよね。

久しぶりに取り出した時、「やっぱり可愛いな」と思える存在といった感じです。

旅行の時にテンションの上がるバッグ

旅行の時にテンションの上がるバッグがあるって、嬉しいことですよね。このバッグに合わせて、服装もちょっとキレイ目系にしてみたりしました。

 

そこまでハードに使っていないので、革製品独特の経年変化というやつを楽しむにはまだ至っていないのですが、少しずつ表情が変化し、味わいのある色や質感になっていってくれることも楽しみです。

IMG_5284s

革のバッグって、使い込むことで劣化するんじゃなく、むし魅力が高まっていくところがいいですよね!このバッグを太陽に当てるがために、温かい気候のリゾート地にでも出掛けていきたい気分です。

 

まとめ

以上、僕の気に入っている、アニアリのボストンバッグ「15-6001」について、その魅了や使用感に関するレビューをお伝えしました。ありそうでないサイズ感と、絶妙な高級感が魅力なので、「こんなボストンバッグ、欲しかった!」と感じた人は是非、調べてみてくださいね。色違いもたくさんありますので、チェックしてみてください。

 

このボストンバッグの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ボストンバッグ, レビュー・評価・感想 ,