【OGA】大人なメンズの鞄・バッグ専門サイト

できる大人の男性が持つのに相応しい本革の鞄やバッグを、使用者のレビューを中心に掲載しています。

オロビアンコの定番ビジネスバッグ(ZEA-F)をレビュー

   

オロビアンコの定番ビジネスバッグ(ZEA-F)をレビュー

街中で、「あの人のビジネスバッグ、お洒落でいいなぁ」と思った瞬間があったので、そのバッグの特徴をよく覚えておいたんです。

ファスナーがこんな感じで、ロゴっぽいメダルが付いていて、色や質感はこんなで…、というように。結局、記憶の決め手になったのは、イタリア国旗っぽいデザインのリボンでした。

ネットでそれらの特徴を入力して検索した結果、僕の惹かれたバッグは、オロビアンコというブランドで製造されたものだ、ということを初めて知ったんです。

 

ビジネスバッグ(ZEA-F)の気に入っている点

オーソドックスなデザイン

いかにもビジネスバッグらしい、オーソドックスなデザインですけど、空気感がフレッシュというか、オジサン臭さが全くなく、スタイリッシュでお洒落に持つことができるなぁ、と思っていて、そこがとにかく気に入っています。

オロビアンコは、イタリア風に造られているブランドなのかな?と思っていましたが、本当にイタリアで誕生している、正真正銘のイタリアブランドなので、そこが洗練されている最大のポイントなのかな、なんて考えています。

 

カラーやテイストが、普段着用しているスーツに、とてもよく似合っていますし、手提げスタイルと、ショルダースタイルとを、自由に切り換えられるところも便利だな、と感じています。

手提げスタイルと、ショルダースタイルとを、自由に切り換えられる

いつもはショルダーストラップを使っていることが多いんですけど、厚手のコートを着て、身体周りがゴワッとしている時や、荷物が少ない時なんかは、手提げスタイルの方が、気楽に持てて、身軽に思えます。

手提げスタイル

使用スタイルが、どちらかで固定されてしまっているバッグだと、自分には合わないかもなぁ…、と、今は改めて感じています。

 

購入してから、改めて街を歩いている男性のビジネスバッグをチェックしてみると、オロビアンコのバッグは、実によく見掛けるなぁ、ということに気づかされました。

後で知ったのですが、同じ会社内にも、オロビアンコのバッグを使っている人が複数人いるようでした。

どうやら、自分が思っているよりも、メジャーなブランドだったようですが、それだけ、ファンが多いということは、使い勝手もコスパも良いということの証ですから、より安心感が持てました。

 

ビジネスバッグ(ZEA-F)を使用してみた感想

書類やファイル、手帳、書籍、財布、ペットボトルなんかが、全てスッポリと収まるサイズで、何の違和感もなく、毎日快適に使用できています。

書類やファイル、手帳、書籍、財布、ペットボトルなんかが、全てスッポリと収まるサイズ

その他、内容物を小分けできる、たくさんのポケットや、ペンホルダーなんかも充実しているので、整頓上手な、デキる男になった気分を味わうことができます。

たくさんのポケットや、ペンホルダー

お洒落なバッグは、機能性がカットされてしまっていることもありますが、このオロビアンコのビジネスバッグは、スタイリッシュなだけでなく、とにかく使い勝手のことについても、考え抜かれている感じがあるので、そこに好感が持てます。

IMG_8733s

とにかく使い勝手がいい

やっぱりビジネスマンが持つバッグは、どうしても、利便性が高くないと、どうしたってストレスが溜まってしまうと思います。

ちなみに、内装もエレガントなので、僕はそこも気に入っています。

 

あとは、雨が降ってきても、心配しなくて良い素材感なので、そこも安心できて好きです。

オールレザーのバッグだと、染みがつかないよう、必死でバッグを守ったり、汚れが付くことに対して、何かと神経質になってしまったり、仕事以外の、余計なことに気を取られてしまう可能性があると思うんですよね。

そういったことは気にせず、仕事に集中させてくれるバッグが、僕は一番だと考えています。

ただ、このバッグには、レザーの装飾も、ところどころに施されているので、そのバランスがとにかく絶妙だな、と思いました。レザーの要素があることによって、ほどよい高級感がキープできているんだろうと思います。

 

まとめ

以上、僕がオロビアンコで購入した、ビジネスバッグ、『ZEA-F』について、気に入っているポイントや、実際に使ってみた感想などをレビュ―させてもらいました。

オロビアンコで購入した、ビジネスバッグ、『ZEA-F』

僕のようなビジネスマンにとって、これほど洗練されていて、バランスの良いビジネスバッグは無いのではないか、と思えるくらい、何もかもを気に入っています。

価格も、5万円とちょっとなので、ビジネスバッグとしては、とても手頃なんじゃないかと思います。

10万円以上するバッグのように、そこまで身構える必要がありませんし、かといってこれ以上安いと、それはそれで、きちんと自己投資できていないような感じがしてしまうことでしょうから、5万円前後というのは、僕にとってちょうど良いラインだったんです。

ちなみに、僕は、あまり目立つことが好きではないので、会社で浮かないように一番無難な色を選びましたが、このシリーズのバッグは、カラーバリエーションがたくさんあったので、冒険心がある人は、真っ赤なバージョンなども使ってみて欲しいです。

レザーとの2トーンがより目立つ配色のものもオススメですよ!

 

このバッグの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - レビュー・評価・感想, 鞄・ビジネスバッグ・ブリーフケース ,