【OGA】大人なメンズの鞄・バッグ専門サイト

できる大人の男性が持つのに相応しい本革の鞄やバッグを、使用者のレビューを中心に掲載しています。

『J.M.Weston(ジェイエムウエストン)』メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

   

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)

英国っぽい響きを持つ『J.M.Weston(ジェイエムウエストン)』ですが、こちらはフレンチ・エレガンスを表現することをモットーとした、フランス発のブランドです。

(出典:http://www.jmweston.fr/jp/

 

創業は1891年と非常に古く、長い歴史があります。この年、南フランスのリモージュという土地で、エドワール・ブランシャール氏が創業したことから、J.M.ウエストンの歴史は始まりました。

メインで取り扱っている製品は、紳士用の高級革靴で、スペシャルオーダーなども可能なJ.M.ウエストンの靴は、パリジャンを始め、世界中の男性を虜にし続けています。

紳士用の高級革靴

2001年からは、デザイナーのミッシェル・ペリー氏が加わり、J.M.ウエストンはさらに勢いを増していきます。

ミッシェル・ペリー氏は、商品のデザインを行うにあたり、現在建築からヒントを得ているのだそう。建築からヒントを得て、バッグやシューズの開発を行うという手法は非常に珍しく、これが「どの角度から見ても美しい」「ディテールが機能的なのに煩わしくない」と言われるJ.M.ウエストン独特の世界観を造り上げているとも言われています。

J.M.ウエストンは、理想と現実、伝統と革新など、相反する2つの要素を巧みに組み合わせることで生まれる、斬新なデザインの追及に余念がありません。

その証拠に、世界の著名なデザイナーとコラボレーションする試み「J.M.Weston invites」を定期的に展開しており、最近では、Maison Kitsuneや、Charlie Casely-Hayford とコラボを行っています。

 

世間の評判について

J.M.ウエストンは、そもそもがシューズの開発をメインとしているブランドであるため、バッグのみの詳細なレビューを見つけ出すことは多少困難となっていたりしますが…、ファッション系の記事を書いているブロガー達は、J.M.ウエストンのバッグを「是非、手に入れて使い込んでみたいブランド」として挙げています。

その理由は、「シューズメーカーならではの、独特な革使い・質感が魅力で、靴に違和感なく溶け込むから!」というもの。鞄だけの開発をしているブランドのものでデザイン性が高い商品となると、それだけが浮いてしまったり、自己主張が強かったりするのですが、J.M.ウエストンのバッグだとそういった心配がありません。

シューズとセットでコーディネートすれば、両者がちょうど良いバランスで主張しあい、絶妙のハーモニーを奏でてくれるというわけです。

 

オススメの商品は?

ドキュメントホルダー ブラックボックスカーフ GRAND ANGLE

ドキュメントホルダー ブラックボックスカーフ GRAND ANGLE

ビジネスバッグとしても旅行用のトラベルバッグとしても使える、クールなレザーバッグです。

本体に使用されているカーフスキンの艶っとしたブラックと、コーナーに施されているナチュラルレザーの柔らかい色合いが、なんとも言えない絶妙なコントラストを放っており、いつまで見ていても飽きのこないデザインになっています。

リングの持ち手もしなやかそうで、使い込むほどに手に馴染んでくる感じが容易に想像できますよね!

その他のブランドのバッグと違い、靴をメインに取り扱っているブランドが開発した商品である…ということが随所に感じられる、異彩な雰囲気を放っています。

こちらは是非、同ブランドのシューズとセットで購入して欲しい逸品です。

価格は、税込はおよそ20万円ほどとなっています。ちなみに、カラーバリエーションとして、ターメリックイエローも存在し、また、2トーンでないブラックオンリーのパターンもありますので、チェックしてみてください。

24Hバッグ ブラックボックスカーフ/キャンバス COUNTRY GENTS

24Hバッグ ブラックボックスカーフ/キャンバス COUNTRY GENTS

フルグレインブルカーフと、コーティングが施されたキャンバスをミックスしたバッグです。

こちら、24時間の旅に最適!というコンセプトの元に開発されています。磁気フラットのポケットやコンピュータケースなど、メディア端末等の精密機器を持ち歩くのに適した、嬉しい機能が充実していますよ!ビジネスマンにとっては有り難い仕様ですよね。

前面にデザインされたポケットに付属しているベルトに、思わずキュンときませんか?この辺りにも、シューズメーカーならではの独特なセンスを感じずにはいられません。

機能だけを追及したら、もしかするとこのベルトは無い方が良いのかも知れませんが、このスタイリッシュなベルトがあってこそ、幅広いマチが逆にスッキリして見えるなど、全体が絶妙なバランスで成立しているといえます。地味に持ち手のカラーリングが2トーンでアクセントとなっているところもニクイですよね。

こちら、価格はおよそ30万円ほどで、ブラウンや、フォレスとグリーンなどのカラーバリエーションも存在します。

 

どこで購入できる?

J.M.ウエストンの店舗は、東京、大阪、名古屋、福岡に、およそ10店舗ほど存在しています。

これらの都市の近郊に住んでいない方にとっては、かなりレアな存在と言えるかも知れませんね。

ネットでの購入も不可能ではありませんが、公式の通販ショップが今のところ存在していないようなので、オンラインで手に入れたい場合は、BUYMA(バイマ)などを頼るのが良さそうです!

 

まとめ

以上、J.M.ウエストンの特徴や魅力についてお伝えしてきました。こちらのブランドのバッグは、靴の開発をメインとしていたり、建築からインスパイアされていたり…という独自のルートを辿った上でデザインされています。

そんな、他のブランドとはちょっと違う、こだわりある逸品を手に入れたい!という人は是非、J.M.ウエストンを詳しくチェックしてみてください。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ