男性(メンズ)カバンの人気でおすすめブランド24選

   

 

男性(メンズ)カバンの人気でおすすめのブランドを厳選しました。

 

男性(メンズ)カバンのブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、ここ最近、日本国内において快進撃を続けているブランドです。

ヨーロッパから輸入した、コードバン、ブライドル、マットーネ、マルティーニといった、高品質で本格的な素材を、日本の熟練された技術を持つ職人が丁寧に縫製しているというスタイルで、ビジネスマン達の新定番的存在に君臨しつつあります。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、若い世代のビジネスマン達の間で、爆発的な人気を誇っているブランドです。

ビジネス向けのカッチリとした雰囲気でありながら、イタリアのブランドらしく、ほどよくセクシーでゴージャスな魅力を持っているという点が、ウケているのです。

価格帯も、リーズナブルなので、就活中の大学生からも需要があります。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

国産品質のオーソドックスなバッグを求めているということなら、エルゴポックは、非常に良い選択肢としてお薦めできます。

革製品の専門ブランドで、皮革の開発もオリジナルで行っているという点が、非常に評価できるポイントです。

それと共に、シンプルでありつつも、美しいシルエットにこだわっているというところが魅力的なのです。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、徹底してメイドインジャパンにこだわっているブランドです。

独自に開発している、オリジナルの皮革により、オーソドックスでありつつも、カラーバリエーションの豊かな、明るいイメージの商品を多数、展開しています。

ユニセックスなイメージなので、カップルでの愛用にも向いています。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

TUMIは、アメリカで誕生したブランドです。硬派なビジネスマンにウケており、とにかく高品質でハイスペックというところが人気となっています。

耐久性が高く、多機能なので、TUMIのバッグにしておけば、間違いなく、ありとあらゆるシーンを乗り切ることができるでしょう。

ブラックで統一されている世界観も男ウケするポイントです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

英国で誕生したポール・スミスは、シンプルでありつつも、洗練されたオシャレを楽しむことのできる、若いメンズの心強い味方です。

早い人では、中高生くらいから、キレイ目で上品なオシャレを楽しもうとしますが、そんな時でも、ポール・スミスは、いつも身近な存在として寄り添ってくれるはず。

どこのデパートにも入っている、親しみやすい存在のハイブランドです。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、セレブチックな大人の世界観を楽しむことのできるブランドです。

地中海近辺で、豪華客船の旅を楽しもう、というような洗練された雰囲気のブランドなので、ヨーロッパ発なのかと思いきや、実は日本のブランドであり、とにかく品質がしっかりしているという点も、人気となっている理由の1つです。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

職人が手作りする、オリジナリティと温かみのある革製品を楽しみたい、ということであれば、ヘルツが断然オススメできます。

ヘルツを愛している人は、本物の革製品マニアであると言えるでしょう。

注文してから商品の開発に取り掛かるという贅沢なスタイルであるにも関わらず、価格帯は抑え目なので、誰もが安心して購入できるでしょう。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、革製品のことを調べ尽くしたような、マニアックな大人の男性が辿り着くと言われている、究極にツウなレザーブランドです。

存在自体がとてもレアで、東京にしか店舗がない、という点も、万双の魅力に拍車を掛けていると言えるでしょう。

年齢を重ねた、渋い大人の男性に愛用して欲しいブランドの1つです。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、英国で誕生した歴史ある革製品グッズのブランドです。

高品質なブライドルレザーが採用されているような、気品あるアンティーク調のバッグや財布を楽しむことができます。

しっかりとした大人にウケる優良ブランドなので、面接や取引など、重要な場面において重宝することでしょう。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガヴェネタは、イタリア発の正真正銘、超高級ブランドです。

価格帯は圧倒的に高く、ブランド慣れしている、セレブでない限り、ボッテガの商品には、そう簡単に手を出すことができないでしょう。

ボッテガの特徴は、レザーが編み込まれている「イントレチャート」です。いつかは、手に入れてみたい…と多くの人が憧れる存在となっています。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、美しく、品のあるチェック柄が有名な、英国発のハイブランドです。

大人ウケが抜群に良いので、彼女や奥さんの両親にご挨拶へ行く、など、緊張するような場面でも、バーバリーのアイテムさえ身につけていけば、間違いなく好印象を抱いてもらえることでしょう。

ただし、価格帯は、かなり高額となっています。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

世の男性達の憧れの的と言えば、ダンヒルです。

ダンヒルのスーツを着こなし、ダンヒルのビジネスバッグを颯爽と提げていたら、その人は確実に、後輩の男性達から憧れの眼差しで見つめられることでしょう。

サッカー日本代表のオフィシャルスーツブランドとしても知られている、知名度の高い、パワーあるブランドです。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、本当にオシャレな人でないと、なかなか目を付けない、洗練されたクールな世界観が魅力のスイス発、レザーブランドです。

シックなブラックの地に、スイス国旗を思わせる、赤と白のストライプ、というのがバリーのアイコンです。

もちろん、それ以外のデザインもハイセンスで、是非とも注目して欲しい存在と言えます。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、世界中に多くのコアなファンを持つ、イギリスのファッションブランドです。

基本的には、女性向けのラインが中心となっているブランドですが、メンズラインもかなり充実しています。

カップルや夫婦で、パンキッシュなオシャレを楽しみたいという人に向いていると言えるでしょう。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

さりげなく上品で洗練されている、爽やかなビジネスバッグを求めているということなら、フェリージがオススメできます。

フェリージはイタリア発のブランドなのですが、海外のハイブランドに特有のギラギラした感じがなく、色遣いも素材感も、非常に涼しげ。

価格帯もほどほどなので、抜群に狙い目であると言える存在です。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、世界的に有名な高級ファションブランドです。

主に女性のファンが多いブランドになりますが、だからこそ、男性がプラダのバッグを愛用していると、非常にセクシーに映ることでしょう。

プラダのロゴは有名なので目立ちますが、基本的にシックで使いやすいデザインのものが多いので、スーツなどには合わせやすいはずです。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモは、イタリアの伝統的な高級ファッションブランドです。

元々は、レディース向けのシューズを開発していたブランドになるので、今でも、靴のイメージを強く持っている人は多いかもしれません。

しかし、実はメンズ向けのバッグや財布なども、かなり種類が多くなっているので、是非とも注目してみてください。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、男が憧れる、男のブランドです。

シックでエレガントでクールな世界観は、全ての男性を、デキる男に魅せてくれることでしょう。

本家のジョルジオアルマーニは、価格帯も本格的で、かなり高額となっていますが、廉価版のエンポリオアルマーニなどは、比較的手が出しやすいため、若者にはこちらもかなり人気となっています。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランは、モード系なキレイ目なファッションによく似合う、高級感溢れる世界観が特徴的なブランドです。

基本的にはブラックに、さりげないシルバーという、モノトーン超のデザインが主体となっています。

男女問わず、芸能界にも多くのファンを持つ、伝統的な超有名ブランドの1つです。

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベは、スペインで誕生したブランドです。

スペイン王室の人も愛用しているという、由緒正しき、ロイヤル感溢れるブランドなのですが、実はそのデザインセンスは、かなり奇抜で独創的。

ありえない配色や、ありえない素材のミックス感など、かなり着る人を選ぶような、オリジナリティ溢れるラインナップが展開されています。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチはニューヨークで誕生した、高級ファッションブランドです。

エレガントで落ち着きがあるので、大人な男女からの人気が高くなっていますが、実は、有名デザイナーとのコラボレーションなどにより、ポップで尖っているデザインのバッグなども、次々に展開しています。

密かに、攻めの姿勢が目立つブランドでもあるのです。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは、日本国内において、圧倒的な人気と知名度を誇るブランドです。

元々は、フランス発祥で、由緒正しい、伝統的なハイセンスブランドにカテゴライズされます。

しかし、日本国内においては、海外のハイブランドといえばヴィトンという図式が浸透してしまっているので、メジャーである分、アンチも多いブランドとして知られています。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

経済的に余裕が出てきて、ブランドものに手を出せる…!となったら、多くの若者が、まずグッチのことを思い浮かべるでしょう。

オシャレで品質が良く、いかにも海外のハイブランド品という存在感をまとっているのが、グッチのバッグなのです。

わかりやすく憧れを持てる存在なので、グッチのバッグを購入するというのは、間違いのない選択肢であると言えます。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , , ,