『オロビアンコ』メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

      2018/03/30

オロビアンコ

 

Orobianco(オロビアンコ)は、今からおよそ20年前の1996年にイタリア・ミラノ近郊のガララーテで誕生したブランドです。

オロビアンコというブランド名の由来についてですが、『オロ=金』『ビアンコ=白』の意で、創業者である、ジャコモ・マリオ・バレンティーニが、チベットを旅行している際、現地の人々が、カシミヤヤギを価値あるものとして「白金」と呼んでいたことから、インスピレーションを得たそうです。

ロゴマークの中央にヤギがあしらわれているのは、そこから来ているんですね。

 

創業当時は、カシミヤヤギを使った商品を中心に取り扱っていましたが、イタリア産の素材の良さや、現地の職人の技術に魅せられてからは、『MADE IN ITALY』にこだわった、高級皮革を使ったバッグの製造に進出して行きました。

それ以来、現在に至るまで、世界中のファッションを愛する人々に向けて、伝統と現代的センスを融合させた最高級の商品を発進し続けています。

 

日本人との相性抜群!

日本人は基本的に「イタリア=オシャレ」と考えていて、イタリアのブランドが大好きなわけですが、そんな中で、オロビアンコは比較的新しい方に分類されます。そして、新しい割には、非常に人気があるブランドです。

トータルブランド

オロビアンコは、バッグ以外にも、ウェア、シューズ、財布、時計、ステーショナリーグッズ、などなど…ありとあらゆる商品を取り扱う、トータルブランドです。

世界の中でも特に、日本において、オロビアンコは本国のイタリア以上にブレイクしています。

飛び抜けて奇抜な何かがあるというよりも、全体的に質が良く、バランスの取れたものを好む日本人の気質と、オロビアンコのデザインは非常に相性が良かったようです。

また、ビジネスバッグならビジネスバッグで、同じようなラインの商品の中に、バリエーションがいくつも存在するというのも大きな特徴です。

ちょっとしたデザインの違いを持たせた別バージョンの商品が多数あると、細かい差に目がいきやすい日本人的には、グッと来ます。

 

価格帯や購入層について

オロビアンコのバッグは、3万円台後半〜6万円台前半くらいのものが中心です。

オロビアンコのバッグは、3万円台後半〜6万円台前半くらい

高過ぎるわけでも、安過ぎるわけでもなく、品質と価格帯がマッチしているということで、好印象を抱いている人が非常に多いですね。

ビジネスマンの中では、比較的オシャレで流行に敏感な人が、オロビアンコのバッグを愛用しています。

どメジャーというわけではないのですが、王道を避けたつもりが、人とカブってしまった…!なんていうことが多発するブランドで、そこが唯一のネックとも言われていたりするようですね。

 

リボン論争について

ちなみに、オロビアンコのトレードマークであり、バッグにハンドル部分に必ず付いて来る、赤・白・緑のトリコローレのリボンですが、こちらについては、ぶらさげたまま使う派と、取り外して使う派で、意見がまっぷたつに分かれています!

オロビアンコのリボン

街で同じバッグを使っている人がリボンを外しているのを見て、急に恥ずかしくなって、自分も外した…なんていう書き込みを見たかと思えば、某ファッションブランド誌の編集長は、リボンを外さずに使っているから、そのままの方がオシャレなんだ!なんていう意見が出て来たり…。人によって、見解は様々です。

個人的には、せっかくのワンポイントアクセントですし、イタリア好きをアピールすることもできるので、そのまま使った方がカワイイんじゃないかと思いますが、この記事を読まれているアナタはどう思いますか?

 

オススメの人気商品は?

ANGOROGIRO-C

ANGOROGIRO-C

本体には、上質な艶感のあるリモンタナイロンが、そして付属部分に高級皮革が施されている、ビジネスバッグです。見た目以上に大容量で、かつ付属のストラップを使えばショルダーバッグとしても利用できる、優れたアイテムです。一泊の出張が多いビジネスマンに是非オススメしたい逸品です。

ゴージャスでありつつもさりげないエムブレムと、全面のポケット下部にチラリとあしらわれたワンポイントの三色旗が、なんとも言えず、愛らしいですね。

ANGOROGIRO-C

底に鋲が付いているのも、清潔を好む日本人にとっては嬉しいポイント!リボンをそのまま使うか、取り外して使うかは、お好みで…。

こちら、お値段は税込63,720円で、カラーバリエーションは、ブラックとネイビーの2種類です。

 

どこで購入できる?

オロビアンコの商品は、全国有名都市のデパートやセレクトショップ等で購入することが可能です。

店舗数は多い方なので、実物を手に取って見てみたい!という願望は比較的容易に叶います。まずは、お近くの店舗を調べて、足を運んでみてくださいね。

また様々なネットショップでも取り扱っており、有名店舗ではオリジナルの別注モデルが販売されています。

公式サイトでは、直営店である丸の内ショップと、公式サイトでしか置いていない限定モデルが販売されているので、要チェックです。

 

まとめ

オロビアンコは、日本人が大好きなイタリアブランドの中では、比較的新しい方のブランドで、まだ歴史が浅いにも関わらず、現在、着実に人気を得ています。

店舗数も品数も多いので、多くの商品がある中から、お気に入りのたった1つを選び出したい日本人との相性は抜群。決して奇抜ではなく、造りが丁寧で、全体のバランスが良いという点も日本人に受け入れられたポイントです。

オシャレなビジネスマンに大人気のオロビアンコ。同僚とカブってしまう可能性は微妙に高いですが、価格帯も絶妙なので、1つ持っていると重宝するのではないでしょうか!

 

公式サイトで在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ , ,