3年使ったCOACH(コーチ)の赤いメンズショルダーバックをレビュー

      2017/01/23

3年使ったCOACH(コーチ)の赤いメンズショルダーバック

色合いが一番気に入っているコーチのバックです。

このコーチのバックを購入するまで、コーチの物自体を購入したことは一度もありませんでしたが、このバックを購入してから、革の滑らかさ、機能性抜群な構造、デザイン性に気づき、その後ほかにもコーチの製品を3点も購入したほど気に入ってるブランドです。

なんといってもこのバッグは、ワインレッドの色合いがお洒落で、気に入って使用しています。

 

実際に使って感じた良かった点

先ずは良かった点を下記に3点記載させて頂きます。

一点目は、丁度良い大きさという点

日頃から、ズボンのポケット等に、携帯、財布は入れないようにしているので、出かけるときはバックが必須となります。ですが、男性ですので、それほど、バックの中に入れるものは多くないです。

丁度良い大きさ

そんなときにこのバックがぴったりのサイズなのです。

二点目は、意外と使用する肩掛け

男性で肩掛けとなると、少しおじさん的に思われますが、このバックで肩掛けを行ってもスタイリッシュに見えます。しかも、肩掛けも2種類の肩掛けをすることにより、意外にもお洒落に見えるのです。

三点目は、ワインレッドな色

バックというと、無難に黒に逃げる方も多いかと思います。僕も黒のバックを持つことが多かったのですが、このバック、この色に出会い、バックは挿し色に使おうと決めました。

ワインレッドな色

このワインレッド色が、バックのデザイン性とマッチングし、しっくりとくる大人の色気を演出してくれます。

 

悪い点

先ず一点目は、管理方法が少し大変な点

このワインレッドの色が少し関係しておりますが、家に適当に放置しておくと、すぐに埃がバックにたまります。しかも目立ちます。

なので、こまめにバックを拭いたり、あまり使用しないときは、バックカバーに入れることをお勧めします。

二点目は、バックの中の収納もジップな点

ここは、ジップではなく、何もないのがベストでした。

バックの中の収納もジップ

付けるとするならば、ボタンかと思いますが、ジップがついておりました。この点が少し残念です。

 

エイジング後の違いについて

このバックを購入したのが、今から3~4年前ですが、ほとんど購入時と変化がありません。

コーチのエイジング後の違いについて

実際、ケアは1ヶ月に1度くらいしておりましたが、そこまでしなくても、このバックの劣化は激しくないと思います。

ただ、日光に当たっている関係か、すこし、色味が抜けてきているようにも思えます。

金具やジップの部分もさほど変化はございません。強いて言うのなら、ショルダーの紐の部分が購入時よりも少し劣化しているかと思います。

 

コーチの特徴

今では、様々な年代に浸透しておりますが、発祥はアメリカのマンハッタンです。

コーチは、最高級の革を使用しているハイブランドとして、世界の方に多く持たれています。

コーチの特徴

ハイブランドの中でも比較的低予算で購入できるのが、コーチの魅力の一つかもしれません。また、バック意外にも時計、ベルト、財布、キーケースといった小物も沢山作られていますので、トータルコーディネートにも最適です。

 

購入理由

やはり、このバックの丁度良い大きさと、デザイン性、ワインレッドの色合いに一目ぼれで購入を決めました。

②-②s

実際に使用頻度も多く購入して大正解だと思ったバックです。

 

まとめ

今の世の中では、ハイブランドなバックは持っていて当たり前となっています。

しかし、バックに限らず、ファッションに興味がない人も沢山いることでしょう。そんな時ハイブランドでも、そこまで気を張らずに購入できる、コーチのバックから、購入してみてはどうでしょうか。きっと、ファッションが好きになると思います。

 

コーチ ショルダーバッグの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ショルダーバッグ, レビュー・評価・感想 , ,