良質なハンドバッグ(メンズ)が揃っているブランド25選

   

 

良質なハンドバッグ(メンズ)が揃っているブランドを厳選しました。

 

ハンドバッグ(メンズ)ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

国産品質の優良なハンドバッグを求めているということなら、ココマイスターで探しててみるのがお薦めです。

ココマイスターの特徴は、メイドインジャパンのブランドでありながら、ヨーロッパ調の紳士っぽいテイストなアイテムが揃っているというところ。

オシャレなミドル層のメンズからの需要も高くなっています。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアで誕生したブランドです。

若いメンズが求めるような、華やかな雰囲気があり、かつ、ビジネスシーンにも似合うようなオーソドックスでエレガントな世界観となっているので、多くの男性からの需要にマッチするブランドなのです。

価格帯も抑え目なので、是非、狙ってみてください。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

日本で誕生したブランドでも、生産自体は海外、という企業が多い中、アニアリは徹底して国産であることにこだわっています。

オリジナルで開発している皮革のクオリティにも定評があり、豊富なカラーバリエーションが揃えられているところも魅力です。

シンプルなスタイルに、差し色的にアクセントでハンドバッグを持ちたいなら、アニアリの商品がお薦め。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、メイドインジャパンの高品質なバッグを求めている人にピッタリのブランドです。

商品の雰囲気自体はオーソドックスなのですが、素材感が素晴らしいのと、計算し尽されているかのような、黄金比のシルエットなどが魅力。

本物志向な大人の男女から需要の高くなっているブランドと言えるでしょう。

 

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

イルビゾンテは、本格的な革製品のメーカーでありながら、ファッションセンスも良く、垢抜けているという点が魅力的な、イタリアのブランドです。

アパレルも兼ねているブランドが多い中、イルビゾンテは、バッグや財布を専門に開発しているので、商品の種類やカラーバリエーションも多いという点が特徴的。

カップルでの愛用やプレゼントにも向いているブランドです。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダの世界観は、非常に独特です。日本発の高品質なブランドでありながら、漂っている雰囲気は、ヨーロッパの国々や、地中海沿岸のリゾート地のよう、というところが魅力なのです。

エレガントな流曲線が施されているような、洗練されたバッグが多く揃っているので、大人な男女のニーズにピタリとハマることでしょう。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツのハンドバッグには、いずれも職人達の深い愛情が詰まっています。

1人の職人が、最初から最後まで、全ての工程に関わるという、昔ながらのスタイルで、ハンドメイドにこだわりながら、ヘルツはここまで成長してきました。

クリエイティブな感性を持つ人々からの需要も高い、本格志向の革製品専門ブランドです。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、本物を求める、ラグジュアリーで渋い、日本的な男性にピタリとハマる、ツウなブランドです。

実店舗の数が少なく、レアな存在でありつつも、ネットなどで高い評価を得ており、知る人ぞ知る、革製品業界の隠し玉的存在として注目されています。

海外のハイブランドに飽きてしまった人も、最終的に万双の魅力の虜となるようです。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、革製品に対し、とにかく質の良さを求める、こだわり派の男性から需要が高くなっているブランドです。

一般的な知名度はそこまで高くありませんが、だからこそ、このブランドに目を付けたということは、それだけ見る目がある、ということの証になるのです。

コードバンや、ブライドルの他にも、リザードやクロコダイルなど、様々な素材のレザーグッズが揃っています。

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は、日本で古くから革製品の製造を続けている、有名な老舗ブランドです。

元々はランドセルの開発を行っていた企業でもあり、今でも、大人向けのオシャレなランドセルを現代風にアレンジし、展開しています。

伝統的な製法を守りながらも、常にフレッシュな空気感が取り入れられているというところが、このブランドの最大の魅力です。

 

PORTER(ポーター)

PORTER(ポーター)

ポーターは、日本で3本の指に入る、超メジャー級の革製品企業、吉田カバンが手掛けている、代表的なブランドです。

洗練されていながらも、決して堅過ぎない、絶妙なラインの商品が揃っており、迷ったらポーターにしておけが間違いない!と言われるほど、日本のメンズの多くは、ポーターのお世話になっていると言われています。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

オーソドックスなのに、どこか一風変わった、独特の世界観を持っているブランドと言えば、ソメスサドルです。

ソメスサドルは、日本で唯一、馬具の製造を行っている革製品のブランドになるので、商品の多くには、馬具からインスパイアされたようなデザインが施されていたり、堅牢で上質な素材が採用されていたりするのです。

 

SLOW(スロウ)

SLOW(スロウ)

スロウは、大阪の南堀江で誕生した、本格的な革製品のブランドです。

スロウというブランド名には、目まぐるしく変化する時代の中でも、それに流されることなく、普遍的なものづくりを伝統的な製法で、着実に生み出していきたいという思いが込められています。

栃木レザーとのコラボも有名で、大人向けの高品質なバッグや財布が揃っています。

 

FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

フジタカは、日本で古くから、ビジネスマン向けのブリーフケースや、ハンドバッグなどの製造を行っている、ラグジュアリーな老舗革製品ブランドです。

フジタカの魅力は、独特の色彩感覚にあると言えるでしょう。自然界に存在するような、草花の色や、土の色、水の色などを巧みに商品の中に取り入れるのが、フジタカの特技なのです。

 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

ダンゲンテンは、オーソドックスな中にも男性が喜びそうな、無骨なテイストや、独特の渋い味わいなどが感じられる、唯一無二な雰囲気の漂う、ハイブランドです。

革そのものの表情をたっぷりと楽しみたい、という贅沢な感性が理解できる人は、是非、ダンゲンテンのバッグで、ワンランク上のオシャレを目指してみてください。

 

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

ダコタは、日本で長年親しまれている、革製品のブランドです。

元々、ダコタはレディース向けのブランドとして展開されてきましたが、近年になってからは、ブラックレーベルが誕生し、男性もダコタの品質とコスパの良さを楽しむことができるようになったというわけです。

カップルでの愛用にも向いているブランドです。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタはイタリアで誕生した、超高級ブランドです。ハンドバッグであれば、20万円前後の予算を見積もっておくべきでしょう。

ハイレベルなクリフトマンシップを堪能することのできる、独特のレザーの編み込み、イントレチャートが、ボッテガヴェネタの象徴であり、多くのセレブ達から支持されています。

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

数あるブランドの中でも、トップクラスに高級なのが、フランスで誕生したベルルッティです。

ベルルッティの世界観は研ぎ澄まされており、アンティーク超の色ムラが美しいレザーに、独特の異国チックなカリグラフィーというスタイルが象徴的です。

あのピカソやアンディ・ウォーホルも愛したという、芸術性の高いブランドになります。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

ロイヤル感のある、エグゼクティブな雰囲気のハンドバッグを求めているということなら、イギリスで誕生したエッティンガーがお薦めです。

何しろエッティンガーは、本物の英国王室の人々も愛用しているという、由緒正しきブランドなのです。

シックな黒のブライドルに、イエロやパープルの鮮やか内装というパターンがエッティンガーらしい王道のデザインです。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアンウエストウッドは、世界中に多くのコアなファンを持つ、イギリスのファッションブランドです。

英国というと、紳士の国というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、ヴィヴィアンで表現されているのは、もう1つのパンクでロックなイギリスの魅力です。

女性ウケも良いブランドなので、カップルで購入するのもお薦めできます。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

バッグに求めるのは、とにかく充実した機能性であり、ハイスペックであるかどうかだ!という人は、TUMIのファンになる傾向があります。

何しろ、TUMI のバッグには、耐久性の高い米軍御用達のレザーが採用されていたりするのです。

2WAY、3WAYは当たり前、という、ビジネスマンにとって非常に心強い存在なのです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

シンプルでも、洗練された本物のセンスを求める、ということなら、ポール・スミスのバッグがお薦めできます。

ポール・スミスは英国で誕生したブランドで、日本国内における知名度とシェア率は、とにかく圧倒的。

シックなブラックの地に、鮮やかなマルチカラーという、象徴的なデザインも人気となっています。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

老若男女、全ての人々から、上品なブランドとして愛され、常に一目置かれているのが、英国発のバーバリーです。

バーバリーのチェック柄は、あまりにも有名で、日本では、ほとんどの高校生やサラリーマンが、バーバリーのマフラーか、もしくはそれに似たものを、一度は巻いたことがあるはず。

実は超高級な価格帯のハイブランドという点も、購買欲を煽ってくるポイントです。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチは、日本において、ルイヴィトンと人気を2分していると言われる、イタリア発の大人気ブランドです。

高級感があるだけでなく、いずれの商品も、デザイン性が高く、ファッショナブルで洗練された、オシャレなセレブ達から圧倒的な支持を得ています。

予算に関しては、ハンドバッグなら20万円以上を見積もっておいた方がいいでしょう。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

フランス発のルイヴィトンは、ブランドの中のブランドと言える、ブランド界の王様です。

ブラウンの地にゴールドの「LV」が施されているモノグラムは、ファッションに関心のある人なら、一度は憧れたことがあるでしょう。

知名度の高さから、楽に威張りを効かせることのできる、魔法のようなパワーを持ったブランドでもあります。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 ,