【男性鞄】人気でおすすめのブランド24選

   

 

人気でおすすめの男性鞄を厳選しました。

 

男性鞄ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、高品質で落ち着きのある大人向けのバッグを求めている人にお薦めしたい、革製品のブランドです。

ブライドルや、コードバンや、マットーネなど、海外で製造された本格的な皮革を、日本の熟練された職人達が縫製し、エレガントな商品に仕上げています。

30代以降のビジネスマンなら、確実に押さえておくべきブランドと言えるでしょう。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、イタリアで誕生した、若いメンズ向けのオシャレで上品な革製品ブランドです。

オールレザーの商品も存在しますが、ナイロンとのコラボレーションなどを得意としており、その分、価格帯も比較的リーズナブル、というところが何よりの魅力。

イタリアらしい華やかな世界観も人気となっています。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

日本製の高品質なバッグを求めているなら、エルゴポックがお薦めです。ひけらかさないけれども、自己主張のしっかりしているような、本物感たっぷりの商品が揃っています。

オリジナルで開発しているというレザーは、独特の色ムラが美しく、こだわりの強い人でも納得ができるはず。

黄金比のシルエットは芸術的なので、シンプルなものほどエルゴポックで選ぶべきでしょう。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、オーソドックスで使いやすいレザーグッズが豊富に揃っている、安定感のあるブランドです。

徹底してメイドインジャパンであることにこだわっているので、品質に関しては、とにかく信頼ができます。

オリジナルのレザーは、質感が良い上に、カラーバリエーションも豊富。10種類以上が当たり前に揃っていたりするので、必見です。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

ビジネスマンで、TUMI のバッグを知らない、という人はいないのではないか、というくらい、多くの働くメンズにとって、TUMI は、とにかく必要とされるブランドです。

2WAY、3WAY、は当然満たしているという、充実の機能や、米国の軍隊でも採用されているような、耐久性の高いボディなどが人気となっています。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは、路面店だけでなく、多くのデパートにおいても、インショップとして展開されている、圧倒的なシェアを誇るブランドです。

発祥国はイギリスで、気品のある紳士に似合うような、エレガントな商品が多く揃っています。

シンプルな中に、さりげなくマルチカラーが配されており、これが、少しだけ尖った空気感を匂わせているのです。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、ヨーロッパ超のセレブリティな世界観が魅力ですが、実は日本で企画が行われている、日本のブランドです。

そのため、テイストは海外風でも、品質は安心のメイドインジャパンレベルという、美味しいとこ取りができるとあって、30代前後の働き盛りな男女から、高い人気を誇っています。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツのバッグは、革製品を愛する、本物のマニア達から高い支持を得ています。

1人の職人が、1つの商品に、最初から最後まで関わるという、クリエイター魂が感じられるようなブランドであるため、必然的にヘルツのバッグを求める人も、芸術関係の人が多かったりします。

大人可愛い、見ているだけでウットリするような商品が揃っているので、是非、覗いてみてください。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、日本の職人のプライドが感じられるような、崇高なブランドです。

本物を見抜く目を持た、違いのわかる革製品マニアが万双のバッグを求める傾向にあると言えるでしょう。

実店舗は、東京にしか存在せず、オンラインでの販売に頼るなどしないと、簡単に手に入れることはできないのですが、そこがまた万双の価値をさらに高めています。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、1979年にスコットランドで誕生したブランドです。

ブリティッシュテイストな、気品溢れる革製品の数々が展開されており、特に、上質なブライドルレザーが採用されているバッグは絶品です。

クラシカルな魅力があるのに、しっかりと現代人のニーズにマッチしているような、クオリティの高い商品を楽しむことができます。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタは、世界中のセレブ達が憧れを抱くような、イタリアの超高級ブランドです。

レザーの質が良いだけでなく、職人が編み込んだイントレチャートを楽しめるというところが、ボッテガの何よりの特徴であると言えるでしょう。

オーソドックスな商品から、少し尖ったテイストの商品まで、幅広いラインナップが魅力です。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、美しくエレガントなチェック柄が象徴となっている、英国発のハイブランドです。

バーバリーの持つ世界観は、人を選ばず、子供から大人まで、誰もが違和感なく着用できます。

そして、バーバリーのものを見に付けた瞬間、ワンランク上の階級へ上がれたような、何とも言えない贅沢な気分を味わうことができるのです。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、英国で誕生した、メンズ向けの超高級ブランドです。

男性ビジネスマンなら、いつかはダンヒルのスーツを着こなしてみたい、とか、いつかは、ダンヒルのビジネスバッグで通勤してみたい、というような夢や憧れを抱くことでしょう。

シックでモードっぽい、クールな世界観も魅力的です。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパのブランドなのですが、イタリアやフランス発の企業が多い中、希少なスイス発というポジションを担っています。

他のブランドよりも、少し温度が低いかのような、涼しげで洗練されたスタイリッシュな世界観が特徴的。

スイス国旗を模したような、赤と白のラインは、バリーストライプと呼ばれ、人気を博しています。

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ヴィヴィアンウエストウッドは、ロックでパンキッシュなテイストが魅力となっている、イギリスのブランドです。

女性デザイナーが立ち上げたブランドだけあって、虜となっているファンも、女性がほとんど。

ただ、メンズラインも充実していますし、カップルで愛用するのに向いているという点において、非常にセクシーでお薦めできます。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

海外系のブランドは、成金っぽい感じがしてちょっと…なんていう感性を持っている人に、是非お薦めしたいのが、イタリア発のブランド、フェリージです。

フェリージの持つ雰囲気は、明るく爽やかで、どこまでもエレガント。ナチュラルなレザーと光沢感のあるシルクのようなナイロン素材のコンビネーションが絶妙なブランドでもあります。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダの持っている知名度と、ブランドとしての威力は絶大です。

基本的には、レディース向けに展開されているブランドになるので、女性の視線を意識したくない、という人にはふさわしくないかもしれませんが、積極的に彼女と共用したい、とか、女性との会話の糸口が欲しい、という人には圧倒的にお薦めできる、ハイブランドです。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

サルヴァトーレ・フェラガモは、イタリアで誕生した、エレガントなシューズのハイブランドです。

あのオードリーヘプバーンや、マリリンモンローも虜になっていたといいますから、いかに優れたセンスを持っているブランドであるか、ということがわかるでしょう。

ひけらかさないけれど、確かな高級感が漂う、本当に一流の人に愛されるブランドです。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、メンズラインの充実している、シックでエレガントなイタリアの高級ブランドです。アルマーニのスーツやビジネスバッグを愛用している、というのは、ビジネスマンにとって、1つのステータスとなることでしょう。本家のジョルジオ・アルマーニは、いずれの商品も超高価ですが、比較的狙いやすいエンポリオ・アルマーニなども存在しています。

 

Saint Laurent(サンローラン)

Saint Laurent(サンローラン)

サンローランは、モノトーン調の、シックでクールな魅力を放つフランスのハイブランドです。

サンローランと言えば、化粧品や香水などのイメージを持っている人も多いでしょう。メンズラインがあったというのは、意外だと感じる人もいるかもしれません。

だからこそ、サンローランのバッグを愛用するというのは、ツウなセレブ向けのオシャレなのです。

 

LOEWE(ロエベ)

LOEWE(ロエベ)

ロエベは、スペインで誕生しているブランドです。

王室の人々も愛用しているというロイヤル感たっぷりのブランドなのですが、その世界観は、実に独特で奇抜。

ハッと息を飲むほどに鮮やかな色のバッグや、見たこともないような形状をしているアイテムなど、セレブな大人の好奇心を確実にくすぐってくる存在と言えるでしょう。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、日本人との親和性が非常に高いブランドです。

そこまでオシャレに自信があるわけではないけれど、きちんとした格好をしておきたい、高級感のあるものを身に着けておきたい、と考えるような、安定感ある大人は、こぞってコーチのバッグを好みます。

ただ、実際はポップで奇抜なコラボ商品も次々に展開している、攻めの精神に溢れるブランドなのです。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは、ブランドのことをよく知らないという人でも、これだけは確実に知っている、と言われるくらい、日本において、圧倒的な知名度を誇るブランドです。

「LV」の文字がデザインされているモノグラムは、誰の目にも一流品であるということを訴えかけます。

人生で一度は縁を持っておきたい、キングオブブランドと言えるでしょう。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチは、芸能界にも多くのファンを持つ、本気のオシャレ系ハイブランドです。

「GG」の文字があしらわれているシグネチャーに、赤と緑のライン、というのがグッチの王道らしいデザインですが、それ以外にも、様々なモチーフがハイセンスにバッグの中に取り込まれています。

ワンランクもツーランクも上のオシャレを狙いたいなら、グッチで決まりでしょう。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 ,