【30代メンズ財布】おすすめの人気ブランド17選!

 

 

【30代メンズ財布】おすすめの人気ブランドを厳選しました。

 

【30代メンズ財布】おすすめの人気ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、30代になったら、ぜひともチェックしておいて欲しいブランドです。

英国紳士が愛用していそうな世界観が魅力で、適正な価格で、確かな品質のレザーグッズを入手したいと考えているなら、これほど最適なブランドもそうないでしょう。

ブライドルやコードバンをはじめとする、様々な皮革のシリーズが揃っているので、一度は覗いてみるべきです。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ヴィトンの財布を愛用するようになったらすっかり立派な大人…というわけで、30代に突入したら、背伸びをすることもなく、自然にLOUIS VUITTONの財布を購入してみてください。

定番のモノグラムだけでなく、様々なデザイン性の高い財布が揃っていますので、どれにしょうか悩む楽しみを贅沢に味わってみてください。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガ・ヴェネタは、数ある海外系ハイブランドの中でも、特にランクの高い本物のセレブ向けブランドです。

最も特徴的なのは、美しいイントレチャートを味わえるということでしょう。これは、職人がレザーを編み込むことによって生み出される芸術性の高いテクスチャーです。

キラキラとしたイントレチャートの輝きを、30代になったら遠慮なく手に入れてください。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、ニューヨークで誕生した、大人気のハイブランドです。

日本人からの支持は特に高く、街へ出掛けても、コーチのバッグや財布を持った人を頻繁に目にすることでしょう。

定番のモノグラムだけでなく、デザインの凝ったものや、カラフルな外装のものなど、豊富にバリエーションが揃っているので、楽しみつつショッピングをしてみてください。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、誰もに愛される存在として、君臨している伝統的なイギリスのハイブランドです。

代表的な模様といえば、タータンチェックでしょう。冬になると、シンプルなトレンチコートにバーバリーのマフラーを巻いたビジネスマンが街に溢れます。

30代以降になれば、特にバーバリーとの相性は良くなっていくはずですので、積極的に狙ってみてください。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、都会的で洗練された空気感が魅力的で、クールなブランドです。

モード系のファッションや、スーツスタイルによく似合う財布やバッグが揃っているので、チェックしてみてください。

王道なデザインといえば、ブラックのベースに、赤と白のストライプですが、黒と白のバージョンなどもあるので、欠かさず吟味してみるべきでしょう。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモはイタリアで誕生したファッションブランドです。

元々は、女性向けのドレスシューズを開発していましたが、今ではメンズからの支持も高く、財布やバッグなど、豊富なラインナップが魅力となっています。

オーソドックス過ぎることなく、適度に尖ったデザインのものも多いので、ワンランク上のオシャレを楽しむことができるでしょう。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、イタリアで誕生したブランドです。

高級感のあるレザーだけでなく、シルクのように滑らかで光沢感のあるナイロンを使うなど、素材と素材を巧みに組み合わせる技術に定評があります。

財布やバッグなど、明るく爽やかな世界観でありつつ、ビジネスシーンにも違和感なく溶け込んでくれるものが多いので、使い勝手も抜群といったところでしょう。

 

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)

カルティエは、ジュエリーのブランドとして有名ですが、実は、メンズ向けの財布や、バッグなども揃っているので、忘れずにチェックしておいてください。

女性に支持されているブランドや、本職がレザーグッズでないブランドのアイテムを使うというのは、斜め上のオシャレを意識している感があり、周囲の人と差をつけやすいのでオススメです。

 

Dior(ディオール)

Dior(ディオール)

ディオールは、女性向けの化粧品や香水のブランドとしてメジャーな存在です。

こういったブランドの財布やバッグを愛用していると、彼女からのプレゼントなのかな?という視線を向けてもらえたり、感性が女性的で優しいのかな?という印象を持ってもらえたりするので、異性ウケを狙っている人には特にオススメができます。

 

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)

ジミーチュウは、30代のオシャレなメンズに特にオススメしたいハイブランドです。

グッチやヴィトンだと、メジャー過ぎて、ちょっと抵抗を感じる…なんて人には、ジミーチュウがしっくりくることでしょう。

パンクで攻めているファッションにも違和感なく溶け込んでしまうので、大人気となっているのもうなずけます。

価格帯はかなり高めですが、購買欲を煽られることでしょう。

 

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

自らの持つ財布やバッグなどのアイテムに関して、とにかくスペックにこだわりたい!という人は、TUMIでチョイスしてみてください。

TUMIの財布は、機能性にも耐久性にも優れていて、さらには、価格帯も手頃なので、圧倒的にコスパが良い!と感じることでしょう。

せっかくなら、ビジネス向けのバッグやスーツケースなどとセットで購入を検討してみてください。

 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

ワイルドスワンズは、日本で誕生した、高品質で本格的なレザーグッズのブランドです。

海外のハイブランドに飽きてしまったという人や、知名度でなく中身で商品を選びたいと考えるメンズが高確率で反応するようなブランドです。

ワイルドスワンズといえば、優雅な流曲線が特徴的。流曲線フェチだという人には、さらにオススメができます。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、日本のハイレベルでこだわりの強い職人が、魂を込めて財布やバッグを開発しているという、硬派なブランドです。

実店舗の数は少ないものの、革製品を心から愛するマニア達が、こぞって高く評価しているような存在です。

オンラインストアでも商品を購入することができるので、気になる人は、一度覗いてみてください。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、北海道に拠点を構えているブランドです。

馬具を製造しているという、特殊な背景を持っているのですが、馬具といえば、騎手の命を預かるほどのアイテムなので、よほど実力がなければ任されることがないわけです。

そのことからも、いかに技術に優れたブランドであるかということがうかがえるでしょう。

商品のラインナップも馬具を彷彿とさせるなど、魅力的。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、「質で選ぶならガンゾ」とマニア達の間で囁かれているほど、高品質なレザーグッズで溢れているブランドです。

品数も、商品のバリエーションも豊富なので、本格的な革製品を買い求めたい、ということなら一度、覗いてみてください。

価格帯は決して安くありませんが、耐久性など、コスパを考えれば、かなりお得であると言えるでしょう。

 

SLOW(スロウ)

SLOW(スロウ)

スロウは、大阪の南堀江に拠点を構えているブランドです。

流行が激しい時代の中にあっても、普遍的なものづくりを確かなペースで実行していきたい、という意識の高いブランドでもあります。

いわゆる革製品が好きなマニア達にウケるブランドで、日本最高峰の技術を誇る、栃木レザーとのコラボレーションを得意としていることでも有名です。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - メンズ財布, ランキング・おすすめ・人気 , , ,