通勤に最適な大人のリュックサックを人気のブランドから18選

      2018/06/17

 

通勤に最適な大人のリュックサックを人気のブランドから厳選しました。

 

通勤リュックサック

CULTO-C 02

Orobianco(オロビアンコ)CULTO-C 02

キャリーバッグへのセットアップも可能という、機能性の高いオロビアンコ製のリュックサックです。

オロビアンコと言えば、ブリーフケースを愛用している若者が巷に溢れているようですが、リュックサックで通勤する派は、まだまだレアなので、先物買い的に、こちらの商品を狙ってみてください。

 

TV-BFT(3wayブリーフケース)

TV-BFT(3wayブリーフケース)

リュックサックらしいフォルム、ということではなく、エレガントでカチっとした手提げのブリーフケースを、3WAYスタイルで使うというエルゴポックからの提案はいかがでしょうか?

いざとなれば、背中に背負うこともでき、肩から提げることもできるという柔軟性が、この商品の魅力です。

さらにウォータープルーフという優秀なオプションも付いています。

 

15-05000 バックパック

aniary(アニアリ)15-05000 バックパック

シンプルな見た目ながら、その収容力は、巷のそれを遥かに凌ぐという、2層式のバックパックです。

ただ、底面とボディは広くても、トップの部分は、スッとスマートに締まっているため、デカくてゴツいリュックサックを背負っている感はゼロ、と言えるでしょう。

背負ったままアクセスすることのできる左右のポケットも便利です。

 

ビートルリュック(R-3)

HERZ(ヘルツ)ビートルリュック(R-3)

1つ1つの商品に職人のこだわりぬいたコンセプトと愛情が詰まっているヘルツですが、こちらの商品は、まるで背負っている時の姿がカブトムシのようであることから、「ビートルリュック」という名が付けられています。

メイン収納部を含め、全部で4箇所のコンパートメントが存在し、高い収容力を誇るだけでなく、整理整頓も完璧に行うことができます。

 

CA203-リュック型ブリーフバッグ

PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)CA203-リュック型ブリーフバッグ

ショルダーバッグや、手提げのブリーフケースとして使用することも想定した上で設計されている、エレガントな3WAYバックパックです。

横型のデザインのものを無理矢理リュックサックとして背負う感がないいため、シルエットが非常に自然という魅力もあります。

海面を思わせるようなレザーのシボも美しく、ワンランク上のオシャレを楽しむことができるでしょう。

 

双鞣和地 バックパック

万双(マンソウ)双鞣和地 バックパック

重厚感と説得力があり、見るからに「熟練された職人がこだわって造った感」の漂っている、渋いバックパックです。

こちらの商品に採用されているレザーは、万双が6年もの月日を費やして開発したものであり、金具など、細かい部品から漂う高級感も半端ではありません。

カラーバリエーションは豊富に5種類ほど存在します。

 

カブスン リュックサック

SOMES SADDLE(ソメスサドル)カブスン リュックサック

フラップ留めな雰囲気が「大人カワイイ」を演出してくれそうな、ソメスサドル製のリュックサックです。

通勤時にはもちろん、街歩きなど、普段使いにも違和感なくマッチしそうな商品であると言えるでしょう。

シュリンクレザーのナチュラルな風合いと、経年変化への期待感も味わえそうな逸品です。

カラーはブラック、レッド、キャメルの3種類です。

 

bono -ruck sack-

SLOW(スロウ)bono -ruck sack-

重厚感がありつつも、どこかカジュアルでラフな雰囲気が残されている、絶妙なラインのリュックサックです。

フラップのダブルバックルがデザインのアクセントになっており、後ろ姿にも存在感を持たせることができるでしょう。

こちらの商品に採用されているレザーは、日本で最高峰の技術を持つと言われている栃木レザーで開発されたものになります。

 

ネウトロ バックパック

dan genten(ダン ゲンテン)ネウトロ バックパック

ソフトレザーの素材感が最大限に生かされているバックパックです。余計な装飾が一切ないので、スポーティーな雰囲気もあり、ウエアラブルなのに、良い抜け感が漂っています。

大人としてワンランク上のオシャレを楽しむことができるでしょう。

カラーは、ネイビーとカーキの2種類です。

 

 CORTINA RUCKSACK

吉田カバン 60500 PORTER(ポーター) CORTINA  RUCKSACK

定番のブランド、吉田カバンの中でもロングセラーを誇っているモデルになります。適度な艶と、柔らかい肌触りの牛革素材が魅力となっています。

ベーシックで飽きのこないデザインの、レザー製リュックサックを探していた、という方にお薦めしたい商品です。

カラーは、ブラックと赤茶の2種類です。

 

Moon less night リュックサック(大)

CORBO(コルボ)Moon less night リュックサック(大)

いかにもメンズにウケそうなシルエットの、渋い表情が魅力的なバックパックです。

ボリューム感はたっぷりなのに、縦長のフォルムなので、結果としてスッキリ見えるという点もポイント。A4の書類や折り畳み傘なども余裕で収納できます。

通勤時や、日常時に使えるのはもちろん、旅行先でも活躍させて欲しいアイテムです。

 

15/54/DS+NK

Felisi(フェリージ)15/54/DS+NK

フラップ部分のフォルムが、ニッコリと微笑んだ時の口元に似ているところから、ソリーゾ(イタリア語でスマイル)という名が付けられているシリーズです。

上品な光沢感あるナイロン素材と、ナチュラルなレザーの組み合わせが絶妙。実はカラーバリエーションによって、配色の組み合わせが様々なので見逃さないでください。

 

NEW アカデミー バックパック

COACH(コーチ)NEW アカデミー バックパック

同色でまとめられているのに、芸術作品のように何とも言えない立体感のある、コーチ製のバックパックです。

艶のあるグラブタンレザーの質感が魅力的で、通勤時に、旅行時に、街歩きに、…と、多彩に活躍してくれることが期待できます。

モダンな男性に持ち歩いて欲しいアイテムです。

 

メンズ ブラック グレインカーフレザー バックパック

Bally(バリー)メンズ ブラック グレインカーフレザー バックパック

無駄な要素のない、スッキリとした表情がクールで魅力的な、男性らしいバックパックです。

バリーと言えば、スイスで誕生したブランドになるので、イタリアやフランスには出せない、ヨーロッパ発の中でも独特の世界観が漂っています。

グレインカーフレザーの特殊な肌触りにも魅せられてみてください。

 

ネロ ナッパ バックパック

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)ネロ ナッパ バックパック

レザーの編み込みが施されているバックパックを狙うなら、そこはボッテガ・ヴェネタ製でないと、周囲の期待を裏切ってしまうことになるかもしれません。

30万円を越える超高級品ですが、ボッテガは本物のセレブになったら、いつかは手に入れてみたいと、皆が憧れるブランドですので、挑戦してみる価値は大いにあるでしょう。

 

バックパック

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)バックパック

黒のバックパックであっても、金具はゴールドやシルバーというものがほとんどですが、こちらは、全ての素材が黒で統一されているという、非常にこだわられたデザインのバックパックになります。

中央にさりげなく刻印されているサルヴァトーレ・フェラガモのロゴにも、イヤミになり過ぎていない説得力があります。

 

ブラック テクノ キャンバスバックパック

GUCCI(グッチ)ブラック テクノ キャンバスバックパック

ブランドものっぽい高級感でギラギラしているバッグが苦手…という人でも、こちらのグッチ製バックパックなら抵抗なく使えることでしょう。

上品でありつつも、しっかりグッチらしいアイコンの赤緑ラインが施されているので、ちゃんとアピールをすることもできるという、大人ならではの微妙な心をくすぐってくる商品です。

 

シリウス・ア・ド PM

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)シリウス・ア・ド PM

これぞ、本物のセレブが使うアイテム!といった感じのバックパックです。

ルイヴィトン製でありながら、あの独特のモノグラムは封印されており、あくまでもシンプルに黒一色で決めているところが最高にクール。ボクシーなフォルムにもポーカーフェイス的なセクシーがあります。

価格は、35万円台になります。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気, リュックサック・バックパック