FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)の特徴や魅力、世間の評判は?

   

 

FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)

 

フレドリックパッカーズは、2007年にスタートした、日本発のブランドです。彗星のごとく現れ、またたく間に人気となりました。

ここ数年、よく、このブランドのバッグを街中で見掛けるようになったという人も多いのではないでしょうか?

 

フレドリックパッカーズのコンセプトは、ズバリ、自転車向けバッグの開発です。

通常は、そのように用途を限定してしまうと、購入層を狭めてしまうのではないか…、という不安が生まれてしまうもの。そのため、あえて「◯◯用」と銘打っているブランドは少ないものです。

購入者も、自らの意志で、自転車なら自転車、バスならバスに乗る時にちょうど良さそうなバッグを探すものですが…。

それでも不思議なもので、自転車に乗る人向け!という風に限定されてしまうと、かえって、自転車に乗らない人でも興味をそそられてしまったりするもの。

実際、フレドリックパッカーズのバッグは、自転車に乗る乗らないに関係なく、街中で頻繁に見掛けるようになっています。

 

商品の特徴について

上にも記述した通り、フレドリックパッカーズのバッグは、自転車に乗る際の事を考慮し、最適化された上で開発されています。

フレドリックパッカーズのバッグ

出典:http://www.fredrikpackers-store.com/?_ga=2.26452029.1885056180.1510020391-1138407563.1510020391

多種多様なデザインが展開されていますが、実は1つ1つがハンドメイドで、作りが丁寧というところも魅力となっています。

素材に使用されているのは、500デニールのナイロンや、光沢感のある薄手のナイロンなどなど。自転車に乗るということは、急な雨に降られても、慌ててはいられないですから、本格的なレザーよりも、こういったフレンドリー感のある素材の方が重宝するものです。

 

ほとんどの商品は、フロントに『FREDRIK PACKERS』のロゴが縫い付けられていますが、このロゴも非常にシンプルかつ上品で、自己主張し過ぎていないところが魅力。

フロントに『FREDRIK PACKERS』のロゴ

何度目にしても、不思議と「また、あのロゴだ…」という気分にならないため、流行に乗り過ぎているという印象を回避することができています。

 

購入層や価格帯について

フレドリックパッカーズの商品を購入しているのは、最先端の情報に敏感な若い世代や、横のつながりを大事にするママさん世代の人々、また、自転車通勤が多いビジネスマンなどです。

商品の価格帯は1万円台のものが中心。ママさんバッグとしての需要が高いところや、ここ数年でまたたく間に人気ブランドへと躍進しているところなどは、あの『anello』を彷彿とさせます。

 

世間での評判は?

フレドリックパッカーズのバッグは、どんなファッションにも合わせやすく、また、軽量で使い勝手も良いと、大評判になっています。

同じようなバッグは数多くありますが、フレドリックパッカーズのバッグは、厳選した素材を使い、日本で縫製して生産しているため、由緒正しい感があり、リーズナブルであるが故の粗悪品感が全くありません。

芸能人がインスタで、フレドリックパッカーズの商品を愛用している様子を掲載したこともあり、人気が加速しているようです。

 

オススメの商品をご紹介

500 DAY PACK

02

500 DAY PACK

大人気モデルとなっている、フレドリックパッカーズを代表するシリーズです。本体には、比較的細めの500デニールコーデュラ糸で織られている、軽量なナイロンが採用されています。

摩擦や引き裂きに強い、耐久性の高い素材となっています。どんなファッションにも合わせやすいデザインで、様々なシーンで活躍させることができます。

価格は、12,744円です。

 

Light Weight Backpack M

04

Light Weight Backpack M

フレドリックパッカーズの中でも、最も軽量なモデルとなっています。あえて、裏地は省かれており、基本的な荷物の持ち運びに用途を絞って開発しているとのこと。

クッション製の高い、フカフカのハーネスも魅力です。究極にシンプルであるため、ありとあらゆるシーンに溶け込む万能性を持っています。

価格は、14,904円です。

 

どこで購入できる?

フレドリックパッカーズの店舗は、全国のパルコやイオンモールなど、若者や家族連れが多く集まるショッピングモール等に、インショップとして入っていることが多いです。

ただ、価格帯が1万円前後と安価であるため、オンラインショップで購入するのにも非常に適しています。

今すぐ好みの商品を手に入れたい!ということなら、正規の取り扱いサイトを覗いてみるのが手っ取り早いでしょう。

 

まとめ

フレドリックパッカーズは、自転車向けに特化したバッグをしており、2007年にスタートして以来、瞬く間に人気となった国産のブランドです。

既に人気も知名度も全国区になっていますが、まだまだ今後も流行の勢いが止まらなそうなブランドなので、今のうちに1つは持っておいた方がいいでしょう。

作りが丁寧な国産の良品質なバッグにハマってみてください。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ ,