『GUCCI(グッチ)』メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

      2016/09/09

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)は言わずと知れたイタリアの超有名高級ブランドです。

主力商品はバッグや財布などの革製品ですが、ウェアや、アクセサリー、時計、香水など、様々な商品を幅広く展開している、トータルファッションブランドです。

(出典:https://www.gucci.com/jp/ja/

 

ブランドの設立は1921年で、創業者はフィレンツェ生まれの、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)です。

デザイナーの名前が、そのままブランド名として使われるようになったのは、グッチが世界初なのだという話もあります。(少し脱線しますが、グッチオ・グッチという名前は、日本でいうと山田山男みたいな感じなのでしょうか…?)

グッチのアイコンとなっている「G」のマークは、もちろん創設者である彼のイニシャルをとったものです。

グッチのアイコンとなっている「G」のマーク

グッチが、世界中のセレブや著名人達から愛されていることは、今更言うまでもありません。ただその魅力は、富裕層だけに限らず、全ての人々の心に届いており、金銭的にまだそれほど余裕がない若者であっても、一点豪華主義でバッグだけはどうしてもグッチを!というように、一生懸命背伸びをして手に入れようとする…、グッチはそのように、多くの人々にとって「憧れの対象」となるようなブランドです。

海外の有名なブランドとして、他にもエルメスや、プラダなどが挙げられますが、どちらかというと、これらは女性に人気というイメージがありますよね。そんな中、グッチは、男性にも愛好家が多い、ユニセックスなブランドであると言うことができます。

 

ブランドの特徴

グッチの持つ雰囲気は、乗馬の世界からインスピレーションを得て産み出されているのだそうです。

グッチの象徴的なアイコンとも言える、あの「緑・赤・緑」のラインも、乗馬で使用する「鞍」の腹帯が由来になっているのだとか。

グッチのアイコン

「G」を組み合わせた、モノグラムのキャンバスに、この「緑・赤・緑」のラインが施されていると、遠目であっても、「お!グッチだ」ということがわかりますよね。

高級ブランドを購入するからには、グッチであることを是非アピールしたい…そんな人々の心の奥底にある、ちょっとした欲求を、うまいことすぐるセンスに、これは非常に長けていると言わざるを得ません。

独特でありながらも奇抜過ぎず、また、カジュアルな雰囲気でありながらも、フォーマルな気品を漂わせている…この絶妙なバランスが、女性のみならず、男性からも絶大な支持を集める秘密となっているのでしょう。

 

オススメの商品は?

〔ウェビー〕 レザー ブリーフケース

〔ウェビー〕 レザー ブリーフケース

「緑・赤・緑」のラインが鮮やかで、いかにもグッチ!これぞグッチ!という魅力に溢れた、高級感たっぷりのブリーフケースです。

これで、モノグラムのキャンバスだと、グッチ感が前面に強く出過ぎてしまうかも知れませんが、この程度のアピール加減であれば、男性がフォーマルなシーンでビジネスバッグとして使っていても、まったく浮くようなことがありませんし、ハイブランドが発する、独特の嫌味もありませんよね。

デザイン性だけでなく、各種ポケットの充実っぷりや、電子機器への対応など、機能性が高いことも魅力です。取り外し可能なレザーショルダーストラップは、長さの調節も可能ですよ!

価格は税込で347,760円です。グッチですから、これくらいの値段で驚いていてはいけませんよね。もちろんイタリア製です。

〔グッチ バンド〕テクノキャンバス メッセンジャーバッグ

〔グッチ バンド〕テクノキャンバス メッセンジャーバッグ

「緑・赤・緑」のラインが、こちらは本体ではなく、ショルダーストラップに施されているタイプのメッセンジャーバッグになります。このバッグは、「テクノキャンバス」と呼ばれる素材で造られており、開閉はジップで行うタイプとなっています。

グッチを憧れ、マネしようとするブランドはわんさかありますから、本体が黒で、ストラップがこれと似たような配色になっているバッグは、もしかしたら巷で発見できるかも知れませんね。

ただ、本物には、本物にしか出せない魅力があります!ディテールの造り込みはもちろんですし、何よりフロントにしっかり「GUCCI」のロゴが刻まれています。自己主張し過ぎていない、絶妙なサイズとコントラストですよね。

こちら、価格は税込88,560円です。あのグッチのバッグを、10万円以内で手に入れられてしまうというわけなので、是非とも注目してください!

 

どこで購入できる?

グッチの商品は、全国のグッチショップで購入可能です。路面店の他、大手有名デパートの店頭に入っていますので、お近くの店舗を検索の上、足を運んでみてください。

適当な格好でフラリ…とは立ち寄れないようなオーラを放っていますので、まずはグッチに入るための服を買う必要があるのでは?というくらい、多少着飾っていかないといけないかも知れませんね。

ちょっと気後れしてしまいそう…という方には、オンラインショップでの商品購入をオススメします!ただ、どれもかなりの高額商品となりますので、本当に自分に合っているバッグなのかどうかは、事前に充分、リサーチしてくださいね。

 

まとめ

以上、世界的に有名なイタリアの超高級ブランド、グッチについてお伝えしてきました。

その他の海外ブランドと比べ、男性からの人気も非常に高いブランドとなっていますので、ビジネス、カジュアル問わず、是非、素敵なバッグの購入を検討してみてください!

 

グッチの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ , ,