『Kiefer neu(キーファーノイ)』の特徴や魅力、評判は?

      2018/06/25

キーファーノイの特徴

(出典:http://kiefer-neu.jp/

キーファーノイは、名古屋に本社を構える、鞄の卸会社「松本」が展開するプライベートブランドです。

松本自体は、1948年から続く老舗企業ですが、キーファーノイは2006年に創立されているので、まだ出来たばかりの比較的新しいブランドなんですね。

ブランドのコンセプトは、時代の流れや最新のトレンドを積極的に取り入れ、様々なライフスタイルを演出していく、ということ。多くのメンズバッグのブランドが「流行に染まらない、普遍的なスタイル」を提案していこうとする中、あえて「流行を取り入れる」と宣言するのって、今の時代、逆に勇気がいるというか、かえって新鮮さを感じます。

無駄をどんどん省き、必要な要素だけに削ぎ落としていくことが「美」だと考える風潮が広まっている昨今、余計なもの=「美」と捉え、独自の価値観を生み出そうとしている姿勢に、好感が持てます。

機能性と装飾性を両立させ、高次元で融合させていこうという試みに挑戦し続けるキーファーノイに、是非とも注目してください。

 

革の品質について

キーファーノイでは、イタリアンレザーを使用しています。

イタリアンレザー

特に植物性のタンニンで鞣すことにこだわりを持っていて、廃棄をすることになっても、有害な物質が一切出ないよう、健康や環境に対して、万全の配慮を行っています。

購入者にはこのようなエコの企業精神が気に入って選ぶ人もいます。

 

購入層や価格について

キーファーノイの商品を購入しているのは、20代~50代と幅広い層のメンズおよび、トレンドに敏感な女性です。

ビジネスもプライベートも、人と会う瞬間は「オフィシャルなシーン」であると捉えるキーファーノイの商品には、これがビジネスバッグ、これがカジュアルバッグ、という明確な境界線が引かれていません。

「おっ!?」と目を惹く装飾

そのため、いかにも…になってしまいがちなバッグとは一線を画すような「おっ!?」と目を惹く装飾や、キュンとくる配色が、随所に見られるんですよね。

さすがにお堅い職業の方だと、使いたくても使えない…という悩みが生じてしまうかも知れませんが、アパレル関係やデザイン業の方などとは、非常に相性の良いブランドであると言えそうです。

価格は、高過ぎることも安過ぎることありません。品質やデザインの割には安価な方であると言えるでしょう。「手の届く高級感」をキャッチコピーにしているだけあり、非常にコスパが良いブランドです。多くの商品が5万円以内で入手可能です。

 

商品の入手方法について

キーファーノイは、購入できるショップが全国に多数存在するのもまた魅力です。

三越、丸井、伊勢丹、西武、大丸…などなど、全国の有名デパートや百貨店の店頭で購入できるのですが、その店舗数はおよそ200ほど!これだけあれば、どこのエリアに住んでいたとしても、ちょっと足を伸ばせば、すぐに実物を見に行くことができます。

 

オススメの人気商品

ciao シリーズ/ブリーフケース(税別29,000円)

ciao シリーズ/ブリーフケース(税別29,000円)

マチの幅を拡張できるという、特殊な機能が付いたA4サイズのブリーフケースです。本革でありながら、720gという軽さなのも魅了です。

カラーバリエーションは全部で6種類あるのですが、本体とハンドル部分の色にコントラストがあるタイプのものが、個性的で特に良い感じです!

Piacere シリーズ/トートバッグ(税別34,000円)

Piacere シリーズ/トートバッグ(税別34,000円)

中央のラインがハッと目を惹く、キレイ目なカジュアルバッグ。ビジネスシーンにおいても活躍してくれそうなデザインですよね。

個性や創造性を求められる職業の方に、是非愛用して欲しい逸品です。カラーは4種類ありますよ。付属のキーホルダーもアクセントになっていて、オシャレ!

 

デメリットについて

キーファーノイの商品を購入している人のレビューを見ていると、概ね高評価なのですが、ネットの写真と実物が違う…!という声をけっこう見掛けます。

特に、届いた商品を見た際に、思っていた色と違う…と感じるケースが多いようです。

商品が黒や白ばかりなら、このような現象はあまり起きないのでしょうが、キーファーノイには個性的な色をした商品が多いので、その色を気に入って購入した人にとって、微妙な色の違いは重要なことなのでしょう。

 

ただ、これはメーカーの責任か…?というと、少々微妙な気もします。モニターの色調は、各家庭で違ったりしますし、製品そのものにも(特に革製品には)個体差というものがありますから、100%実物と同じ状態の写真を撮り、アップするということは難しいのではないでしょうか…?

1万円未満の買い物なら多少違っていても諦めがつくかも知れませんが、数万円という金額の鞄を購入するのであれば、個人的には実物を手に取り、納得してから決断することをオススメします。

特に、キーファーノイは店舗数も多いのですから、たとえ忙しくても、そこは時間を割いて、是非店頭に足を運んでみてください。

 

まとめ

キーファーノイは、名古屋の老舗鞄卸会社、松本が手掛ける、最新のトレンドを取り入れることをコンセプトにしたブランドです。

無駄を削ぎ落とそうとする風潮にあえて逆行し、余計なものを美として捉える、独自のセンスで発信される商品は、「いかにも」や「ありがち」を嫌う、個性的な人々から高い支持を集めています。

コスパが良く、入手も楽なので、是非お近くの店舗でキーファーノイの商品に直接触れてみてください!

 

キーファーノイの商品を見る

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ , ,