『LAST CROPS(ラストクロップス)』メンズバッグの特徴と魅力、評判は?

      2018/03/31

 

LAST CROPS(ラストクロップス)

 

ラストクロップスは、2006年に立ち上げられた新しいブランドです。よく比較対象として挙げられるブランドに『WILD SWANS(ワイルドスワンズ)』がありますが、それもそのはず。ラストクロップスは、ワイルドスワンズを創立した鴻野3兄弟の長男が、更なる理想を追究するために独立して設立したブランドです。

より良い素材を追究したい…、より高いクオリティを追い求めたい…、という思いが強いため、その品質は素晴らしく、マニアを驚愕させるほどの出来映えだと評判ですが、価格設定もその分強気で、ワイルドスワンズよりも、さらに一回り高く設定されています。

(出典:http://www.lastcrops.com/

 

購入層や価格帯は?

ラストクロップスの商品に興味を示し、購入しているのは、年齢層によらず革製品に対し、強い愛着やこだわりを持っている「マニア」な人々です。20代〜50代のコアな層から支持を集めています。

価格帯は、鞄だと3万円台から揃えられていますが、8万円〜10万円と、やや高めの商品がラインナップの中心を占めています。

 

製品へのこだわり

ラストクロップスの製品で使用している革は、イタリア、アルゼンチン、アメリカ、ベルギーなどから輸入されています。

コードバン、プルアップレザー、タンニンなめし牛革…などなど、より良い品質を追究するため、それぞれ、革ごとに輸入先の国を変えていることからも、並々ならぬこだわりを感じられますね!

ラストクロップスのこだわりある革選び

ラストクロップスの製品は、ワイルドスワンズの製品よりも、簡単に言うと、革が分厚いのが特徴です。

上質で丈夫な革であることには間違いないのですが、分厚い革=良い製品、という公式があるわけではないので、ここは好みが分かれます。

使い勝手…という意味においては、薄い革の方に魅力を感じる人もいますし、レビューを見ていると、ラストクロップスの唯一のデメリットとして、「革が肉厚過ぎる」という点を挙げている人もいました。

 

ただ、ラストクロップスは、一本筋の通った日本の職人が造り出す、男気溢れるブランド…というイメージがあるので、ユーザーの声ばかりに耳を傾けて簡単に迎合するようであって欲しくはないです!

実際、本気のマニアは、ラストクロップスのトートバッグを「世界一美しいバッグ」と評しているほど。革製品が好きな人には、とにかくたまらないブランドなのです。

コンセプト

ラストクロップスの哲学の中の1つに「Values from continuation=繰り返し造り続けることでこそ生まれる価値」という言葉がありますが、最初は受け入れ難いと感じられるような性質を持っていたとしても、繰り返し造り、発信をし続けることで、新しい「価値」を創造していきたい…そんな強い熱意や魂を感じずにはいられません。

 

オススメの商品は?

CRADLE & NEST

ラストクロップスのスタンダードな商品、縦型と横型のトートバッグを、それぞれご紹介します。

CRADLE & NEST

こちら、表の革には、イタリアBADALASSI CAROL社のミネルバボックス、ハンドルの表は、ベルギー、TANNERIE MASURE社のサドルプルアップ、裏には、イタリアWALPIER社のブッティーロが施されています。

奇をてらっていないシンプルなデザインでありながら、細部の仕上げ1つ1つが丁寧なので、全体を見た時に、独特の気品や主張、個性を感じることができます。どちらも、カラーバリエーションは、クロ、チョコ、ネイビー、グリージオ、の4種類で、価格は税別90,000円です。

トートバッグとしてはかなり高価ですが、使用してみれば、確かな価値を感じられるはず。ちなみに、手持ち用のハンドルをロングタイプに変更したい場合は、別途ロングハンドルを注文することも可能です。

BANDIT

BANDIT

こちらは、財布、スマホ、手帳、鍵など、必要最小限のものを持ち歩くことに特化させたボディバッグです。本体へのベルトの取り付け方に、ラストクラップス社独特のオリジナリティが溢れています。内側にはポケットが2つ付いています。

BANDIT

カラーバリエーションは、トートと同じく、クロ、チョコ、ネイビー、グリージオの4種類で、価格は税別61,000円です。日常生活においてはもちろん、旅先でも活躍してくれそうなデザインですね!

 

どこで購入できる?

ラストクロップスの直営店は、現在のところ東京渋谷の1店舗のみです。

直営店

しかも木曜日と第2水曜日が定休の他、月〜水曜日は製作に集中するため、来店の予約を行っていないとスタッフに対応してもらえないのだとか。高価な上に簡単に手に入れることができない…となると、ますます欲しくなりますよね。

店舗

高価な買い物をする際は、実際商品を手に取り、納得した上で購入をするのが一番望ましいですが、東京近郊以外の方が、ラストクロップスの商品を手に入れるためには、公式サイト上でネット注文するしかありません。

 

まとめ

ラストクロップスは、ワイルドスワンズから派生した、さらなる理想を追い求める、職人らしい男気の溢れるブランドです。

商品の価格はかなり強気ですが、品質にはそれだけの魅力があり、細部まで丁寧に造り込まれているため、革製品のマニアに「世界一の美しさ」と評させるほど、深く愛されています。

直営店は現在のところ東京にしかありませんが、公式サイト上でも商品を入手することができるので、気になった方は是非、覗いてみてください。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ