革製ビジネスリュックを人気のおすすめブランドから15選

      2018/06/03

 

革製ビジネスリュックを人気のおすすめブランドから厳選しました。

 

革製ビジネスリュック

LE-BP(LEON別注デイパック)

HERGOPOCH(エルゴポック)LE-BP(LEON別注デイパック)

メンズ誌LEONがHERGOPOCHとENGAGEMENTを掛け合わせ、拘り抜き監修・製作に携わった夢のコラボレーションで誕生したバッグです。

エルゴポックの中でも、男らしい革の表情を持つマージシリーズに用いられる”バスクドレザー”とエンゲージメントの代名詞でもある、軽量且つ強靭な”エンゲージドナイロン”を組み合わせ、軽快にして上品、アーバンスポーツの雰囲気とハイスペックな仕様を高度な次元で融合させています。

 

15-05000 バックパック

aniary(アニアリ)15-05000 バックパック

一切の無駄が省かれており、クールですました表情が魅力となっている、アニアリ製のシンプルなバックパックです。

実は2層構造になっており、容量が確保されているだけでなく、整理整頓にも向いているので、ビジネスシーンにおいて、間違いなく重宝することでしょう。

傾斜角度の付いたデザインになっているため、デカイのを背負っている感はありません。

 

ガロンリュック(R-100)

HERZ(ヘルツ)ガロンリュック(R-100)

クラシカルな雰囲気で、大人向けのランドセルというキャッチコピーで展開されている、ヘルツ製のリュックサックです。

この感じは、オシャレ上級者に目を付けられるデザインであると言えるでしょう。

機能性が高いのでビジネスシーンにおいて活躍が期待できるのはもちろんのこと、遊びの場においても、この手のバッグは注目を大いに集めるはずです。

 

bono -ruck sack-

SLOW(スロウ)bono -ruck sack-

日本で最高峰の技術力の高さを誇ると言われている、栃木レザーとのコラボレーションによって誕生したバックパックです。

シボの効いた渋い質感の革と、さりげないながらも凝った雰囲気のベルトや金具遣いなどが、いかにもツウなメンズにウケそう。

カラーバリエーションは、ブラック、チョコ、キャメルの3種類となっています。

 

トーンオイルヌメ ソフトミディアムバックパック

土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ソフトミディアムバックパック

フロントに余計な装飾が施されておらず、あえて無表情になっているところが特徴的なバックパックです。

デザインがシンプルなものほど、革そのもののテイストや肌目の感じを楽しむのには適しています。

そして、そういった大胆なデザインに着手できるのは、土屋鞄製造所のように、本格的なブランドならではの特権といったところでしょう。

 

MB041-リュックサック

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)MB041-リュックサック

ミニマルなサイズ感が嬉しい、大人向けのリュックサックです。

ペッレモルビダには、セレブっぽい雰囲気が漂っているので、社会人になったことで、一気に垢抜けたいと考えているようなメンズにお薦めできるブランドです。

メインのコンパートメント以外にも、マグネット付きのポケットがあり、整理整頓にも便利な機能性の高い商品です。

 

シグネチャージップストライプ バックパック

Paul Smith(ポールスミス)シグネチャージップストライプ バックパック

ポール・スミスと言えば、シンプルで高級感のある商品が展開されていますが、どんな製品にも、必ずと言っていいほど、独特な配色がワンポイントで施されている、という特徴があります。

こちらの商品も、飽きのこないハイセンスなデザインに仕上がっているバックパックで、ポール・スミスらしい、マルチカラーの魅力を楽しむことができます。

 

レザーリュック 2WAY オーブ No.634701

FUJITAKA(フジタカ)レザーリュック 2WAY オーブ No.634701

ボクシーなフォルムが機能性の高さを思わせてくれる、いかにもビジネスシーン向けなフジタカ製のリュックサックです。

オリジナルで丁寧に仕立てられているという素材には、リガーと呼ばれる型押しが施されています。

そして、さらには防水の加工も完備されているので、傘を忘れた日に、突然の雨に降られてしまっても安心、というわけです。

 

STRUT リュックサック(大)

CORBO(コルボ)STRUT リュックサック(大)

コルボのモノづくりの精神がふんだんに詰まっているという、定番モデルなリュックサックです。

独特の膨らみがあるフォルムは、一見、モバイル製品との相性が良くなさそうに見えるかもしれませんが、内装に施されているクッション付きのポケットが、PCやタブレットをしっかりとホールドしてくれます。

 

DAY PACK

吉田カバン 60500 PORTER(ポーター)DAY PACK

牛ステアがクローム鞣しによってキメ細かくソフトな風合いに仕上げられているという吉田カバンのデイパックです。

ボクシーなフォルムで、シンプルに見えますが、実は多重構造になっており、収容力の高さが抜群。安心の国産ブランドで、価格帯も高過ぎず、安過ぎず、絶妙なラインということで、迷う余地はないでしょう。

 

ネウトロ バックパック

dan genten(ダン ゲンテン)ネウトロ バックパック

姫路にあるタンナーで、丁寧に鞣されたという、艶やかでしっとりとした肌目のソフトレザーが楽しめる、ダンゲンテンのバックパックです。

ファスナーの持ち手にも、長目の装飾が施されており、全体的に大人っぽい表情に仕上がっています。

カラーバリエーションは、ネイビーとカーキの2色展開です。

 

カワシ リュック 1620162

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)カワシ リュック 1620162

大人っぽく、本格的で、それでいて使いやすいアイテムが揃っている、ダコタから販売されているリュックサックです。

ほどよい光沢のある牛革が、ボクシーな表情に縫製されており、いかにもスーツスタイルに似合いそうな仕上がりに。

背面が黒いので、2トーンなテイストが楽しめる上、内装が鮮やかなブルーなので、見えない部分までオシャレです。

 

トルマリン ナッパ バックパック

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)トルマリン ナッパ バックパック

ビジネスバッグは、男のアイテムの中でも、思い切って高額を投じるべき、貴重な存在であると位置づけている人は、ボッテガのバックパックを狙ってみてください。

フロントの大きなポケットにあしらわれているイントレチャートが美しく、人の目を惹きます。30万円を越えていますが、間違いなくその価値がある商品です。

 

メトロポリタン ソフト バックパック ペブル レザー

COACH(コーチ)メトロポリタン ソフト バックパック ペブル レザー

海外のハイブランド品を使ってみたいけれど、派手過ぎるものはちょっと…という人にとって、コーチ製の落ち着きあるビジネスバッグをチョイスするというのは、最良の選択でしょう。

こちらは、シンプルに良質な革の表情を主役に据えている、大人っぽいアイテムです。ノートPC用のコンパートメントも完備されている現代仕様な逸品です。

 

CERIPO メンズ インク レザー バックパック

Bally(バリー)CERIPO メンズ インク レザー バックパック

大人向けのシンプルなランドセルといった感じの、お行儀良い雰囲気が漂っている、バリーのバックパックです。

バリーと言えば、赤白赤のラインが入ったアイテムもメジャーなので、このようにクールな無地のアイテムと、併せて吟味してみてください。

スイス製ブランドならではの、涼しげな質感も魅力です。

 

おすすめバッグブランド



まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気, リュックサック・バックパック ,