ダサい!なんて言わせない人気ブランドのセカンドバッグ19選

      2018/06/17

 

ダサい!なんて言わせない人気ブランドのセカンドバッグを厳選しました。

 

ダサい!なんて言わせないセカンドバッグ

ブライドル セカンドバッグ

COCOMEISTER(ココマイスター) ブライドル セカンドバッグ

英国製の上質なブライドルレザーによって仕立てられている、ココマイスターのセカンドバッグです。

マチのある造りで、しっかりと自立するところもポイント。アンティーク調の重厚感あるテイストで、セレモニーなどのシーンにおいても重宝するはずです。

カラーバリエーションも豊富なので、欠かさずチェックしてください。

 

ANDY-G(REVOR)

Orobianco(オロビアンコ)ANDY-G(REVOR)

イタリアの軽快感あるオシャレが楽しめるブランド、オロビアンコから販売されているセカンドバッグです。

2トーンなデザインや、さりげなくアクセントに施されているイタリア国旗風リボンに、ロゴ入りのメタルプレートが、ほどよいゴージャス感を演出してくれています。

2パターンの展開で、ホワイトの方も爽やか。

 

18-08000 クラッチ

aniary(アニアリ)18-08000 クラッチ

車に乗る人にとって、セカンドバッグの使い心地は100点です。こちら、アニアリのクラッチは、高級車の助手席にポンと置いても様になる、ということが売りとなっています。

牛革へのエンボスになるのですが、アニアリ史上初のスネーク調レザーで、アダルトな色気に満ちています。

 

MB028-サードバッグ

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)MB028-サードバッグ

エレガントな雰囲気のセカンドバッグ、サードバッグを探しているなら、ペッレモルビダがお薦めです。

モルビダのバッグに施されている流曲線は、いずれも、豪華客船の船底をモチーフにしている、とのこと。

オリジナルレシピによって開発しているというシュリンクレザーの上品な質感も堪能してみてください。

 

フラップセカンドバッグ・仕切り付き(S-1)

HERZ(ヘルツ)フラップセカンドバッグ・仕切り付き(S-1)

カチッとした造りの、ハンドメイド感溢れる上質なセカンドバッグです。

シンプルですが、全面のフラップが回り込むような形で、包むようにフタをしているという、他には類を見ないユニークな構造をしており、ヘルツ在籍の職人達の、並々ならぬこだわりが感じられます。

しっかり自立するところもありがたいポイント。

 

GD (ジーディー)財布機能付きメンズポーチ

GANZO(ガンゾ)GD (ジーディー)財布機能付きメンズポーチ

薄マチのメンズポーチで、カード段や札ポケットもあるので、大きめの財布という感覚でも利用することのできる商品です。

出張や打ち合わせなど、ビジネスシーンにおいてはもちろんのこと、冠婚葬祭などの場でも重宝すること間違いなし。

カラーバリエーションも豊富なので、用途に合わせてチョイスしてください。

 

双鞣和地 セカンドバッグ

万双(マンソウ) 双鞣和地 セカンドバッグ

中身が見やすく、取り出しやすいという「ダレスバッグ」の使い心地を体感している際にひらめいたという、一風変わったセカンドバッグです。

この使い勝手を追求しているセカンドバッグは、最近巷で増えてきているものの、オリジナルはあくまでも万双製、とのこと。独自に開発された上質なレザーも堪能してください。

 

ルヴァード クラッチバッグ

SOMES SADDLE(ソメスサドル) ルヴァード クラッチバッグ

革の柔らかさを大事にするため、縁を玉べりで仕上げているというクラッチバッグです。

ソメスサドルは、馬具を製造しているメーカーなので、美錠がアクセントのヌメベルトという発想もまた独特。抱えた時のフィット感、ホールド感も抜群です。カラーは2色展開になっています。

 

トルマリン イントレチャート ドキュメントケース

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)トルマリン イントレチャート ドキュメントケース

存在感のある、明らかに高級品なセカンドバッグで威張りを効かせたいなら、ボッテガ・ヴェネタが最適でしょう。

美しいレザーの編み込みが表現されているイントレチャートで、優雅に人の目を惹いてしまってください。

ウォレットとしての機能も備えている、利便性の高い逸品でもあります。

 

アルバニー ポシェット

dunhill(ダンヒル)アルバニー ポシェット

ダンヒルのクラフトマンシップが全て凝縮されているという、自信作のセカンドバッグです。

ロックは、右側にスライドすることでフラップが開く構造。シックな黒にメタルなアクセントで、クールかつダンディーな男の魅力をアピールすることができるでしょう。

こちらの価格は12万円ほどです。

 

トリプル・ジップ・クラッチ

TUMI(トゥミ)ALPHA SLG

とにかく、機能性の高い、ハイスペックな商品を求めている!というビジネスマンな男性には、TUMIが圧倒的にお薦め。

小物だけを持って、打ち合わせに出向く時などに、これほど最適なアイテムはありません。

コンパートメントが細かく別れているので、収納に適しており、パッドなども入っているのでガジェット類を安心して持ち運べます。

 

leather bag

PRADA(プラダ)leather bag

プラダらしい、シックな高級感の漂うセカンドバッグです。

要素としてはシンプルですが、1点ではなく、2点で留める構造など、ありそうでない、独特の空気感が漂っているので、さりげなく人目を惹くことができるでしょう。

カードホルダーなども完備されており、ウォレット感覚で使うことも可能です。

 

 クラッチバッグ

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)クラッチバッグ

シックなカラーとミニマルなデザインで、デイリーユースに最適な高級クラッチバッグです。

トップジップタイプで、リストストラップは取り外して使うことも可能。なんといっても、フロントにさりげなく施されているフェラガモのロゴに説得力があります。

フロントのジップもデザインのアクセントになっています。

 

グッチ シグネチャー レザー メンズ バッグ

GUCCI(グッチ) シグネチャー レザー メンズ バッグ

この「GG」シグネチャーの型押しは、グッチの有名なアイコンになるので、こちらのセカンドバッグを使っていれば、多くの人が、グッチ製であるということに気づくことでしょう。

グッチらしいカラーリングの商品もありますが、こちらはシックに黒一色とシルバーでまとめられているタイプ。汎用性の高い逸品です。

 

マネーバッグ スムースレザー製

ARMANI(アルマーニ)マネーバッグ スムースレザー製

大人の男性が憧れるブランド、アルマーニから展開されている、スムースレザー製の高級セカンドバッグです。

大胆な白のボディに、黒のトリミングという、独特のオーラと存在感が魅力です。

育ちの良いセレブでないと、この白を使いこなすことはできない…からこそ、挑戦してみて欲しいアイテムです。

 

ポシェット・カサイ

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)ポシェット・カサイ

洗練された無駄のないデザインのボディが魅力となっている、ルイヴィトン製のセカンドバッグです。

いかにもヴィトンらしいカラーリングということではなく、さりげなくヴィトンであるということを楽しみたい人にとって、グッとくる商品であると言えるでしょう。

もちろん、機能性も高く、安心して購入できるアイテムです。

 

PETIT JOUR(プチ ジュール)レザークラッチ

Berluti(ベルルッティ)PETIT JOUR(プチ ジュール)レザークラッチ

ベルルッティの商品といえば、高級感ある独特のカリグラフィーが人気ですが、こちらのセカンドバッグには、そんなカリグラフィーが、かなり大胆に刻まれています。

ベルルッティと言えば、ピカソも愛用していたという、セレブや芸術家御用達のブランドなので、是非、仲間入りを果たしてみてください。

 

4016BSS バチュー サーパス

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)4016BSS バチュー サーパス

バブル時代に一世を風靡し、今尚、根強いファンを持つブランド、ハンティングワールドから販売されているセカンドバッグです。

こちらは特にハンティングワールド「らしい」デザインとなっていて、2トーンな配色と、象のロゴマークが安定感のある魅力を発揮してくれています。

 

メンズ ウルトラバイオレット プレーンカーフレザー クラッチバッグ

Bally(バリー)メンズ ウルトラバイオレット プレーンカーフレザー クラッチバッグ

パープルのプレーンカーフレザーが採用されており、立体的な印象に仕上げられている、バリーのクラッチバッグです。

バリーはスイス発の高級ブランドで、独特のクールで涼しげな洗練された世界観が特徴です。モード系の男性と相性の良い雰囲気なので、ピンと来た人は是非。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - セカンドバッグ, ランキング・おすすめ・人気