『RIMOWA(リモワ)』スーツケースの特徴や魅力、世間の評判は?

   

RIMOWA(リモワ)

RIMOWA(リモワ)は、1898年にドイツ・ケルン在住のラゲージ職人、ポール・モルシェック氏によって立ち上げられたブランドです。1898年というと、今から遡ること、およそ100年以上も前になります!

(出典:http://www.rimowa.com/ja-jp/

 

現在、RIMOWAの製品に使われているのは、アルミニウムやポリカーボネイトなどの素材ですが、創業当初、ポール・モルシェック氏の手によって産み出されていたスーツケースは、そのほとんどが木製でした。ただ、木製スーツケースが主たる商品であった当時から、RIMOWAの商品は、軽量性と、最大限の安定性を重視して製造されていました。

RIMOWAの製品

RIMOWAの名が広まり始めたのは、1920年代のことです。そして、創設者ポール・モルシェックの息子である、リチャード・モルシェックが1937年に最初のアルミニウム製スーツケースを発売して以来、RIMOWAは、世界的に大成功を収めてきました。

その後、2000年には、現在のCEO、ディーター・モルシェックが、ハイテク素材であるポリカーボネイトを使ったラゲージを開発、発売したのです。

RIMOWAは、100年以上も受け継がれている「伝統」と、最新技術を用いた「革新」とを見事に両立させている企業として、現在も国際的に高く評価されており、米国の雑誌においても、「ベスト・ラゲージ賞」を受賞するなど、世界中のセレブリティな人々からの注目を集め続けています。

 

世間の評判は?

旅行用スーツケースとして、ビジネスマンから圧倒的な人気を誇るRIMOWAですが、実際に購入した人は、どのような感想を抱いているのか、レビューやブログ記事等をチェックしてみました。

結論から言うと、頑丈さや性能に関しては、もちろんハイレベルであるのものの、「とにかくRIMOWAが最高級!」と言われているような感じはなさそうでした。と言うのも、ドイツと同じように日本という国も、世界的に見て、ラゲージ製造技術のレベルが非常に高い国であるため、トータルで考えると、国産のスーツケースを選んでもあまり大差がないどころか、むしろコスパが良かったりする…と、そういった問題があるからなんですよね。

RIMOWAのスーツケースは、10万円を超える商品が中心で、基本的に高級なため、頑丈さにおいて、最高品質とは言えないかも…!?となってくると、どうしてもコスパが気になってきてしまうでしょう。

 

それでも何故、RIMOWAに惹かれる人が後を絶たないのかというと、その魅力は、RIMOWAのスーツケースが持つ、圧倒的な「存在感」だと言われています。

 

100年以上の伝統と職人達が持つ絶対的な自信から産まれる独特の佇まいは、技術だけをマネしたからといって、簡単に再現できるものではありません。

無名ブランドの似たようなスーツケースであれば、もっと安く手に入れられるかも知れませんし、性能もそれなりに良いのかも知れませんが、あのRIMOWAというロゴマークが付いているからこそ、「あぁ…、ドイツの高級ブランドだ」と、心をくすぐられる…なんていう部分も絶対にありますよね!(ちなみに、RIMOWAのロゴマークって、日本の某有名ゲーム企業のロゴとちょっと似ていますよね…?)

 

代表的なシリーズは?

TOPAS

TOPAS

過酷な状況下でも耐え得るスーツケースとして、1950年に開発されたアルミニウム製のスーツケース「TOPAS(トパーズ)」シリーズです。

RIMOWAの中では永遠のベストセラーと呼ばれる存在で、発売開始当初から、今も変わらない輝きを放っています。独特のクラシカルな佇まいに、国産品とは違う、ドイツ製ならではのトキメキを感じませんか?

価格についてですが、軽量タイプの34リットルのもので、およそ11万円、それ以外にも、45L、64L、82L、85L、98L、などのサイズがあり、最も大きい98Lのものだと、15万円ほどです。

SALSA

SALSA

RIMOWAの歴史を変えたと言われる、ポリカーボネイト製のスーツケースです。ポリカーボネイトは、航空機の窓や、機動隊のシールドなどに用いられる素材で、絶対的な強度と軽量性が特徴です。

RIMOWAで使用されているポリカーボネイトは、リユースされているものではないため、混合物が無いことから純度が高く、その分強度も高いのだそうです。

アルミニウム製のスーツケースと比べると、軽い上に、値段も安いため、コスパを重視するという人には、こちらの方がオススメです!

また、こちらのシリーズには、カラーバリエーションもレッド、ブラック、ブラウン、ブルーの4種類が設けられているんですよ。

価格は、軽量タイプの32Lで、およそ6万円ほどです。大容量タイプの103Lサイズでも、9万円台と、10万円台を切ってくれているので、手が出しやすいですよね!

 

どこで購入できる?

RIMOWAのショップは、日本全国におよそ20数店舗存在しています。決して多くないかも知れませんが、ネット上のオンラインストアでも比較的簡単に購入できるので、検索してみてください。

ちなみに、RIMOWAの公式サイトは、アーティスティックな仕掛けや、遊び心に溢れていて、オシャレな上にとても見やすいので、是非覗いてみてくださいね!

 

まとめ

RIMOWAは、ドイツ産まれで100年以上の歴史を持つ、高級ラゲージブランドです。代表的な商品は、アルミニウム製および、ポリカーボネイト製のスーツケースで、創業から100年以上が経った今もなお、世界中のセレブリティな人々から愛され続けています。

クラシカルで圧倒的な存在感を放つ、ドイツ製のスーツケースに、アナタも是非、注目してみてください。

 

リモワの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド



まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ ,