『SLOW(スロウ)』メンズバッグの特徴や魅力、評判は?

      2016/07/18

SLOW(スロウ)

(出典:http://www.slow-web.com/

SLOWは、2008年に誕生した、出来立てホヤホヤの新しいブランドです。栃木レザーを使い、この道40年という熟練職人達がハンドメイドにこだわって製品を産み出しています。

SLOWは、Sports、Luxury、Outdoor、Workの頭文字をそれぞれ取っており、激しく移り変わる時代の波に乗り遅れないようにするのではなく、ゆっくりじっくりと、創作活動を追究していきたい…という思いが込められているそうです。

工房

アメリカンカジュアル・アメリカントラッドなスタイルに似合う鞄をコンセプトにしていますが、SLOWは、メイドインジャパンにこだわった日本のブランドです。

その心臓部は、大阪の南堀江の工房にあります。

大阪と言えば「ものづくり」と言われるほどですし、南堀江と言えば、そんな中でも家具やファッションなど、流行の発信地として有名です。

 

購入層や価格帯は?

SLOWの商品を購入しているのは、主に30代〜40代の男女です。そろそろ40歳になるので、本物の良い鞄を…と考え、探していたところ、SLOWに辿り着いたという人のレビューもありました。

購入者のレビューでは満点を付けている人が多く、質感にも、使い勝手にも、値段にも、満足!という声がほとんどです。

価格帯に関しては、鞄だと3万円台の商品が中心です。高品質かつ国産で、この値段設定は良心的であると言えるでしょう。

 

スロウ人気のシリーズ

Bono

Bono

栃木レザー社のフルベジタブルタンニンレザー(ヌメ革)を使用したシリーズです。

厚みのある革にオイルを染み込ませてあり、ワイルドなのに透明感がある、絶妙な仕上がりになっています。経年変化を楽しむのに適したシリーズであると言えます。

Rubono

Bono

栃木レザー社のヌメ革を使用していますが、Bonoシリーズとは異なり、ソフトな質感と軽さが特徴です。オイルを手で塗り込むことで独特の風合いを実現させている、SLOWの新定番です。

Tannin

Tannin

コットンキャンバスを使用したシリーズで、付属にベジタブルタンニングレザーが使用されています。

ヴィンテージのようなムラ感があり、何度も何度も、手間を惜しまずに職人が手塗りしているので、同じ風合いのモノがこの世にたった1つしかないという魅力を持っています。使えば使うほど、味わいの深い色に変化していきます。

 

世間の評判は?

設立されたばかりの新しいブランドですが、早くもその魅力にハマる人が続出しているようです。

1つ購入してみたら、使用感が良かったので、次も…その次も…というように、SLOW熱が止まらなくなっている人のブログも存在するほど。高級な本物のレザーでありながら、軽い!柔らかい!というのが、人気の秘密となっています。

 

特に評判が良いのは、トートバッグです。

スロウのトートバッグ

カジュアルに使用できるのはもちろんのこと、ビジネスバッグとして購入していく人も多いです。シンプルなのに、持っても不思議と学生っぽくならないところが魅力との声が多数見られました。

 

オススメの商品は?

Bono –tote bag width type-

Bono –tote bag width type-

SLOWの中でも人気の、bonoシリーズのトートバッグをご紹介します。本体には、職人が高い完成度で仕上げた、栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーが使用されており、中には100%リネンの巾着袋が入っています。巾着の紐が革なのも秘かなポイント。

巾着が紐

カラーは、ブラック、チョコ、キャメルの3種類があり、お値段は、39,000円(税別)です。男性が持ちやすい色はおそらく黒でしょうが、経年変化をより楽しめるという意味では、チョコやキャメルもオススメです。

-cartridge shoulder bag Ssize-

-cartridge shoulder bag Ssize-

こちらのバッグにも、完成度の高い栃木レザーのヌメ革が使用されています。bonoシリーズの弾力性、rubonoシリーズのしなやかさ、それぞれの良いとこ取りをした、ちょうど中間の仕上がりになっているとのこと。もちろん、使うほどに味わいのある色になっていく経年変化も楽しむことができます。

収納力が高そうなので、男性ならこの鞄だけでフラリと旅行にも行けてしまいそうですよね!カラーは、ブラック、チョコ、キャメルの3種類で、お値段は29,000円です。

 

どこで購入できる?

SLOWの直営店は、あまり多く存在しません。

スロウ直営店

東京の自由が丘、大阪の南堀江以外には、福岡と金沢にしか店舗がないため、直接手に取って購入することが許されるのは、近辺に住んでいるごく一部の限られた人…ということになりそうです。

ただ、ネットで見掛けたSLOWマニアの方は、近くに店舗がないため、商品を全てネットで購入していました。

実際に手に取って買ったわけではなくてもそこまでハマれてしまうわけですから、品質・対応ともに、ネット購入であっても申し分ない満足感を味わえるメーカーだということが言えます。

 

まとめ

SLOWは、大阪南堀江発の、国産にこだわったアメリカンスタイルな革製品のニューブランドです。

設立から数年しか経っていないにも関わらず、早くも商品のコレクションを行うマニアが現れるほど、その品質の良さには定評があります。

定番のトートバッグが人気ですが、ほとんどがSOLD OUTで、今回はご紹介ができなかったリュックにも是非注目してみてください!

 

おすすめバッグブランド



まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ ,