『ヴァレンティノ・ガラヴァーニ』メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

      2016/08/09

Valentino Garavani(ヴァレンティノ・ガラヴァーニ)

『Valentino Garavani(ヴァレンティノ・ガラヴァーニ)』(通称:バレンチノ)は、1960年に創業した、社交界に呼ばれるような人々から憧れられる、イタリアの超一流高級ファッションブランドです。

特に、バレンチノのドレスは「バレンチノ・レッド」と呼ばれるなど定評があり、鮮烈な赤が印象的で、美術館に展示されるほど、その芸術的な価値を世界から認められています。

(出典:http://www.valentino.com/jp

 

主に欧米や中東の富裕層の人々から支持されているバレンチノ・ガラバーニの製品には、一見いかにも海外のブランドといった雰囲気が漂っており、日本とはあまり縁がないように思えます。

特にバレンチノのアイコン的モチーフであるロックスタッズなんて、海外の文化そのものといった印象を受けます。

わびさび」の概念を取り入れた製品

しかし、バレンチノに流れている精神は、実は、日本的な哲学だったりするのです。日本人ですら、その本質を理解するのは難しいと言われる「わびさび」の概念を取り入れ、製品のデザインに集約させたのが、バレンチノの現在のクリエイティブ・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリです。

 

永遠に続くものなど、この世には存在しない、また、不完全であることこそ、完全である…という、わびさび的な哲学にもとづき、バレンチノの製品は産み出されています。

日本の金継ぎの伝統技術へのオマージュ

一見、海外文化のように見えるスタッズは、日本の金継ぎの伝統技術へのオマージュなのだそうです。

 

価格帯について

バレンチノの商品の価格帯についてですが、富裕層・セレブな人々に愛されているブランドだけあって、一般的な感覚からすると、簡単には手が出せないような金額に設定されています。

バッグだと、カジュアルなものであっても、30万円台、40万円台は当たり前です。中には、50万円以上するバッグも存在します。

バックパックで、ギリギリ10万円を切る商品も時々ありますが…、基本的には、20万円以上の商品が中心です。

 

類似ブランドについて

ちなみに、同じように通称で「バレンチノ」と呼ばれているブランドが、実は他にも存在します。『マリオ・バレンチノ』や、『アイザック・バレンチノ』などがそうですが、バレンチノ・ガラバーニとは全くの別物なので、混同しないよう、気をつけましょう。

また、バレンチノは偽物が出回りやすいブランドでもあります。法的に問題があるような偽物だけでなく、あえて「バレンチノ風」と名乗って、ロックスタッズをあしらっているようなバッグや靴などが、巷で流行していたりするのです。

「バレンチノ風」であることを理解して購入するのであれば、まだ良いかも知れませんが、バレンチノを真似た偽物であることを全く知らずに、ただ、デザインが気に入って買ってしまった場合は、ちょっと悲劇ですよね…。

「あの人、バレンチノが買えないから、偽物買ったんだ〜」なんて、自分が知らないところで、いつの間にか人から笑われてしまうのは避けたいところですので、手の届かないようなブランドのことでも、知識を仕入れておくって、実は重要なことですね…。

 

オススメの商品は?

ロックスタッド バックパック

ロックスタッド バックパック

いかにも、バレンチノらしいロックスタッズがあしらわれたバックパックです。

他のロックスタッズ付きバックパックは、50万円以上しているのですが、こちらのタイプは比較的安価で、求めやすくなっています。…といっても、税込で395,280円です。

一見シンプルなようですが、メイドインイタリアで、カーフスキンレザーが贅沢に使われた超高級な逸品。レザーのストラップは調節可能です。また、ドローストリング開閉タイプとなっています。

ネイティブ クチュール トート

ネイティブ クチュール トート

こちらも、バレンチノらしい、他を寄せ付けない高価な雰囲気漂う、ロックスタッズのあしらわれたトートバッグです。

幾何学モチーフとのことですが、どことなく、無国籍な雰囲気もあり、とにかく独特なセンスが溢れています。

本体にはカーフスキンレザーが使用されています。もちろんメイドインイタリアです。気になるお値段は、税込で422,280円です。

 

どこで購入できる?

バレンチノの商品は、公式のオンラインショップで購入できる他、東京、大阪、名古屋、神戸、広島の路面店や、ショップインショップなど、27軒ある店舗で入手することが可能です。

 

まとめ

バレンチノ・ガラバーニは、1960年から続く、イタリア発の超高級ブランドです。

ロックでバンクな雰囲気が漂っているので、一見日本とは関係が無いようですが、実は現在のデザイナーは、日本への造詣が非常に深いのだそうです。

日本の伝統技術を模したというロックスタッズに魅せられる人は多く、巷には「バレンチノ風」な商品が出回っていたりもしますが…、富裕層の人々に愛されているブランドなだけあり、本物の価格帯は高価です。

カジュアルでシンプルなバックパックでも50万円以上していたりするので、一般的な感覚からすると簡単に手が出せるようなブランドではありませんが…、憧れのバレンチノがどうしても欲しい!という人は、路面店や公式ショップを覗いてみてください。

 

ヴァレンティノ・ガラヴァーニの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ , ,