【ブライドルレザー名刺入れ】人気のメンズブランドから14選

 

 

【ブライドルレザー名刺入れ】人気のメンズブランドから厳選しました。

 

ブライドルレザー名刺入れ

ロンドンブライドル セントブレーズ

London Bridle St. Blaise(ロンドンブライドル セントブレーズ)

ビジネスのスタイルをグッと引き締めてくれるような、大人の男性にピッタリのブライドル製名刺入れです。

ブライドルの魅力はなんといっても、重厚感溢れるテイスト。アンティーク調なので、渋みもあります。

そんな名刺入れに、自分の名刺を入れてもらえると思えば、商談相手も、初対面の女性も、皆、満足そうな笑みを返してくれることでしょう。

 

ブライドル 名刺入れ

Bridle Card Case(ブライドル 名刺入れ)

本物志向の男性は、財布やバッグだけでなく、もちろん、名刺入れにもこだわっておくべきでしょう。

こちらは、外装のブライドルが美しいだけでなく、内装の鮮やかなヌメとのコントラストも絶妙です。

両者がそれぞれ、違う経年変化を辿っていく様にも、楽しみを見出してみてください。

カラーは豊富に7色で展開されています。

 

ジョージブライドル 名刺入れ

George Bridle Card Case(ジョージブライドル 名刺入れ)

ヨーロッパ発のブライドルと、質実剛健な日本の技術とが融合して誕生している、贅沢な名刺入れです。

ジョージブライドルシリーズの魅力は、外装だけでなく、内装にもブライドルレザーが施されているので、高級感が圧倒的に違うということです。

パッと見た時の美しさを重要視したいとういことなら、こちらで決まりでしょう。

 

名刺入れ(通しマチ)■ブライドルレザー&ルーガショルダー [6273]

CYPRIS(キプリス)名刺入れ(通しマチ)■ブライドルレザー&ルーガショルダー [6273]

ブライドルレザーと共に、色ムラの美しいルーガショルダーが採用されている、キプリスの贅沢仕様な名刺入れです。

キプリスといえば、知る人ぞ知る、革製品マニアな男性向けの優良ブランドです。

百貨店のバイヤーが選ぶ賞を、何度も受賞しているという、お墨付きのブランドでもありますので、安心して購入できることでしょう。

 

 

 

VISITING CARD CASE WITH GUSSET

ETTINGER(エッティンガー)VISITING CARD CASE WITH GUSSET

エッティンガーというブランドの良さが最大限に現れている、気品溢れる名刺入れです。

エッティンガーの魅力は、ブラックのシックな外装に、鮮やかなイエローやパープルという、英国紳士を思わせるようなデザインです。

ただ、カラーバリエーションは意外にも、多数揃えられているので、迷ってみてください。

 

BUSINESS CARD HOLDER HIDDEN STUD

GLENROYAL(グレンロイヤル)BUSINESS CARD HOLDER HIDDEN STUD

スコットランド発の、手作り感が魅力的なレザーグッズブランド、グレンロイヤルから販売されているビジネスカードホルダーです。

ポイントは、なんといっても、職人がいかにも丁寧に行ってくれた、という愛情の感じられるステッチでしょう。

特にタンというカラーのステッチは、白が鮮やかで、飽きずにずっと見ていることができます。

 

THIN BRIDLE (シンブライドル) 名刺入れ

GANZO(ガンゾ)THIN BRIDLE (シンブライドル) 名刺入れ

同じ革製品でも、特に上質で洗練されているものを狙いたい、という思いがあるなら、ガンゾをオススメしておきます。

ガンゾは、日本発のブランドで、知名度こそ、そこまで高くはないのですが、本物を知るマニアな人々からは常に高い支持を得ています。

海外のハイブランドに飽きてしまった人が、興味を示すブランドでもあります。

 

S1751 NAME CARD CASE / BRIDLE

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)S1751 NAME CARD CASE / BRIDLE

ホワイトハウスの真骨頂が存分に発揮されている、どこからどう見ても美しい名刺入れです。

外装にはロゴが施されておらず、かぶせを開けたところに刻印されているのが、まず控えめでエレガントですし、それでありながら、存在感があり、重厚感を思わせてくれるデザインのロゴであるというところも特筆すべきポイント。

発色の良さにも酔いしれてみてください。

 

ブライドル 名刺入

万双(マンソウ)ブライドル 名刺入

万双といえば、革製品ツウの人でないと、なかなかその名を知らない、幻のような存在の、特別感溢れるブランドです。

1つ1つ、職人が、とにかくこだわり抜いて作っているということが伝わってくる佇まいで、洗練されているのに、良い意味で無骨な魅力にも溢れているのです。

こちらは、カラーバリエーションも豊富なので、迷ってみてください。

 

BLW-NAM(名刺入れ)

HERGOPOCH(エルゴポック)BLW-NAM(名刺入れ)

外装のブライドルだけでなく、内装にもエレガントな革色のレザーがあしらわれているという、エルゴポックの名刺入れです。

エルゴポックの商品は、どこまでもオーソドックスでありながら、発色の鮮やかさや、シルエットの美しさなどが、とにかく計算し尽くされれているので、本物を見抜く目を持った人から支持されています。

 

bridle - Card Case -

SLOW(スロウ)bridle - Card Case -

スロウは、大阪の南堀江で、普遍的なものづくりをストイックに行っているブランドです。

こちらの商品は、英国製のブライドルレザーで仕立てられています。

表面の美しさ、品質、ともに高評価を得ている商品で、長年に渡って飽きずに愛用していくことができるでしょう。

内装には、コントラストを強調するカラーがあしらわれているなど、デザイン性も高いです。

 

ブライドル 名刺入れ

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)ブライドル 名刺入れ

ブライドルレザーというと、重厚感やアンティーク調な部分がフィーチャーされがちですが、こちらは、ツヤっとしたわかりやすい輝きも備わっていて、若い世代の人にもオススメできます。

内装はディテールが凝っていて、カッティングの具合や、縫製の細かさなど、見れば見るほどに、土屋鞄の仕事ぶりを思い知らされることでしょう。

 

GB 名刺入れ

SOMES SADDLE(ソメスサドル)GB 名刺入れ

北海道で馬具を製造しているメーカー、ソメスサドルから展開されている名刺入れです。

上品さと無骨さがいいバランスで融合していて、ビジネスにもカジュアルにも適合します。

表面に浮いている白い粉が、良い具合でなじんでくると、奥から本物の輝きが滲み出てくることでしょう。

ダイナミックな経年変化を楽しんでみてください。

 

CARD CASE

POTER(ポーター)CARD CASE

メイン素材に、英国製のブライドルが採用されており、堅苦し過ぎない、ちょうどよい重厚感が醸し出されている、美しい名刺入れです。

ポーターは、超優良老舗ブランドである、吉田カバンが展開しているので、安心感、安定感は抜群。

流行り廃りがないという意味でも、長年に渡って相合していけることが確定しているのでオススメです。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気, 名刺入れ ,