イタリア発のお洒落でかっこいいビジネスバッグブランド15選

   

 

イタリア発のお洒落でかっこいいビジネスバッグブランドを厳選しました。

 

イタリアのビジネスバッグブランド

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは、洗練されていて、ほどよくゴージャスな雰囲気がある上に、価格帯もリーズナブル、ということで、若いビジネスマン達の間で絶大な人気を誇っているブランドです。

もはや王道のブランドという感があり、唯一の難点と言えば、人とカブってしまいやすいことかもしれません。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

海外の高級ブランドに手を出してしまうと、独特のギラギラした感じや、これ見よがしになってしまう感じに、ちょっと抵抗がある…なんて人は、フェリージがしっくりくることでしょう。

あくまでもシンプルなのに、素材のエレガントさや、発色の鮮やかさなどで、きちんとしている感を演出することができるのです。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガのビジネスバッグを愛用していたら、一目置かれることは間違いないでしょう。ボッテガのバッグをスッと購入することができるというのは、根っからのセレブや社会的成功者にしかできないことです。

クラフトマンシップの光る、美しいイントレチャートが味わえるのは、金銭的に余裕がある人の特権です。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、イタリアで誕生した、女性向けの高級ブランドです。プラダのアイテムを愛用したがるのは、主に裕福な女性ですが、男性向けのラインも実は充実していたりします。

メンズでありながら、プラダのバッグを使いこなしていたら、それはオシャレ上級者であり、女性の扱いに慣れているという印象を与えることができるでしょう。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

フェラガモは、元々女性向けの靴の製造からその歴史が始まっているブランドです。

顧客リストには、あのオードリー・ヘプバーンの名前もあったということ。フェラガモのビジネスバッグをメンズで愛用するというのは、なかなか意外性のある選択肢であり、ファッション上級者にしかできないことなので、狙い目です。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

グッチと言えば、日本で3本の指に入る大人気の定番ブランドです。よく比較されるのはヴィトンですが、ヴィトンと比べるとブランド品であるというギラギラ感がやや控え目かもしれません。

あまり高級品アピールをするのもちょっと…と思うけれど、名のあるブランド品を身に着けたい!という人にお薦めです。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、スーツの似合うエレガントな男性に向けた、大人のためのメンズブランドです。

本家はジョルジオ・アルマーニと言って、これはかなり経済的に余裕がないと狙えない価格帯なのですが、エンポリオ・アルマーニなど、廉価版のラインも多く、意外とアルマーニは身近な存在だったりもします。

 

Valextra(ヴァレクストラ)

Valextra(ヴァレクストラ)

ヴァレクストラは、イタリアで1937年に誕生したブランドです。

完璧を追求したカッティングのセンスに定評があり、洗練されたクラフトマンシップが楽しめるブランドとして、世界中の人々を虜にしています。

シンプルでも、埋没しない、存在感のあるバッグを求めているなら、覗いてみるべきでしょう。

 

BRIC’S(ブリックス)

BRIC’S(ブリックス)

ブリックスは、イタリアのミラノ北部で1952年に誕生したブランドです。代表的な商品はスーツケースで、セレブ向けの旅行用に特化した、ラグジュアリーな商品を次々に展開しています。

機能性の高さや軽量性だけでなく、旅行用のバッグにはデザイン性を求めたい!なんて人は、ブリックスに頼る傾向があるようです。

 

Diesel(ディーゼル)

Diesel(ディーゼル)

ディーゼルは、カジュアルなのに高級感があるという、オシャレなセレブのためのブランドです。

セレブ向けといっても、実際の店舗の雰囲気などはかなり入りやすい方で、百貨店のバッグコーナーに他のブランドと一緒に並べられていることもあります。

デニム生地を使うのた巧みでデザイン性はかなり高いです。

 

Stefano Mano(ステファノマーノ)

Stefano Mano(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、2004年にコレクションがスタートしたブランドです。

マーノとは、イタリア語で手仕事を意味するのだとか。革1枚1枚の個性を見極めたり、徹底して速度の遅いミシンを使ったり…など、とにかくこだわりの強い職人達のクライフマンシップが感じられるブランドになります。

 

Cellerini(チェレリー二)

Cellerini(チェレリー二)

チェレリーニは、1956年にイタリアのフィレンツェで誕生しているブランドになります。

クラシカルでありつつ、洗練されたデザインが人気となっており、職人の手によって丁寧に縫製されるオーダーバッグは、世界中で評判となっています。

使い勝手まで究極に考え抜かれているので、ビジネスマンとの相性も最高と言えるでしょう。

 

F.CLIO(エフ・クリオ)

F.CLIO(エフ・クリオ)

エフクリオは、1983年に創業した、ミラノ発のブランドです。

エフクリオの魅力は、女性ウケが良い!というところだと言われています。雑誌でも頻繁に取り上げられているようなので、最先端の空気感を演出することもできるはず。

本場イタリアの職人達がハンドメイドで製品を作っているのに、価格帯は比較的手頃です。

 

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)

ダニエルボブは、1976年に誕生したブランドです。

妥協を一切許さない、高品質なものづくりをするブランドとして定評があり、知名度こそ、そこまでは高くないものの、隠れ一流ブランドという立ち位置をキープしています。

知る人ぞ知る、お目が高い人のための優良ブランドという感じになるので、お試しあれ。

 

DOLCE & GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)

DOLCE & GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)

ドルチェ&ガッバーナ(通称ドルガバ)は、1985年に創立された高級ブランドです。

ドルガバの世界観は全体的にゴージャスでギラギラしているため、いわゆるギャルやギャル男達に目を付けられているブランドでもあります。

日本国内で、品の良さをアピールするにはあまり向いていないかもしれませんが、本家のドルガバは、正真正銘の一流ブランドです。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気, 鞄・ビジネスバッグ・ブリーフケース ,