牛革カバン(メンズ)を選ぶなら見ておきたい人気ブランド21選

   

 

牛革バッグ(メンズ)を探すなら見ておくべき人気ブランドを厳選しました。

 

牛革バッグの人気ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

日本製の高品質な牛革鞄を求めているということなら、ココマイスターを押さえておくべきでしょう。

ココマイスターの世界観は、気品溢れる英国紳士チック。30代後半くらいから、40代、50代といった、ミドル層のビジネスマンにとって、これほど相性の良いブランドはないというくらい、現在、日本の新定番的存在として、君臨しつつあります。

商品の種類や、バリエーションも豊富なので、隅から隅まで、チェックしてみてください。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

オーソドックスで使いやすいアイテム、かつ高品質なものを…という基準で、バッグを求めているなら、アニアリがベストでしょう。

アニアリは、生産を海外に頼るブランドも多い中、徹底してメイドインジャパンであることにこだわっているブランドです。

皮革の開発も、輸入だけに頼るのではなく、オリジナルで開発しているところが評価できるポイント。

そのため、カラーバリエーションも非常に多く、常時10種類を超えるような色が揃っています。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

ヘルツは、本物の革製品好きがこぞって注目するような、革製品マニアのためのブランドです。

職人が愛情を込めて手作りしています、という雰囲気が魅力的で、いずれの商品も、革の表情そのものが主役といったイメージ。

細かい装飾が凝っていたりと、持っていてテンションの上がるようなバッグが多数、展開されています。

大人ならではの贅沢な可愛らしさを演出したい、という人にも、お薦めできます。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、自身の持つバッグや財布を、「品質」で選びたい、というこだわりの強い大人の男性のためのレザーグッズブランドです。

誕生したのは日本で、メイドインジャパンならではの高品質で耐久性の高いアイテムを入手することができます。

レザーの種類も豊富で、メジャーなコードバンやブライドルの他、希少価値の高いクロコダイルなど、とにかく多数のものを取り扱っているところが魅力です。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、違いのわかる大人の男性のための、ツウで渋いブランドです。

40代、50代、60代くらいの男性に似合いそうな、味わい深い革製品が手に入ります。

海外から輸入している、上質なレザーを取り扱ってもいますし、オリジナルで開発しているという、万双ならではの革質も楽しむことができます。

東京にしか店舗が存在しないため、遠方に住んでいる人は、通販を利用してみてください。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、日本で誕生した革製品の専門ブランドです。

エルゴポックのレザーの質はとにかく素晴らしく、独特のアンティーク調の色ムラが美しいだけでなく、発色も鮮やかなのです。

ブラックやブラウンやネイビーといった、安定感のある定番カラーも展開されていますが、エルゴポックの本当の魅力を知りたいのであれば、鮮やかなレッドやブルーに手を伸ばしてみるというのがお薦め。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルは、知る人ぞ知る、ちょっとマニアックでオシャレな革製品のブランドです。

馬具を製造しているメーカーでもある、という点が、ソメスサドルの特筆すべき点でしょう。

馬具といえば、それは騎手の命を預かるほどのアイテムですから、信頼度の高いメーカーでないと、こういったものの製造を任されることはありません。

ソメスサドルはつまり、それくらい、耐久性の高い、丈夫なバッグを作ることのできるブランドでもあるということなのです。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、海外のセレブチックな世界観が魅力のブランドです。ヨーロッパ発なのかと思いきや、実は日本のブランドであるというところが意外な点。

そのため、品質には安心感が持てますし、日本人の感性に合うようなデザインのもの、日本人の利用スタイルに合った機能性というものを追求してくれているという特徴があるのです。

豪華客船の旅に出掛けたくなるような、華やかな雰囲気も味わうことができます。

 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所のバッグは、オーソドックスでありつつ、洗練されていて、現代的な空気感に溢れています。

信頼のできる老舗ブランドなのに、古臭さがなく、最先端のテイストであるという点が、何よりの魅力と言えるでしょう。

扱っている商品の種類も多く、マニアであっても、必ず気にいる一品を見つけ出すことができるでしょう。PC用のポケットが施されているバッグや、防水性が高いバッグなども展開されています。

 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

ダンゲンテンから展開されているバッグは、非常に味わい深く、ダンディーで無骨な大人の男性の魅力をアピールするのに適しています。

革の表情そのものをドンと主役に据えたような、ほとんど装飾のないバッグもあれば、逆に、クラシカルな雰囲気の凝ったベルトがいくつも付いているような、デザイン性の高いものもあります。

ファッションのランクを格上げしたのであれば、是非、ダンゲンテンに注目してみてください。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、英国発の高級ファッションブランドです。

ビジネスマンの中でも、セクシーな大人の色気をアピールしたい、という人は、ダンヒルのバッグや財布やスーツに手を伸ばす傾向があります。

価格帯はもちろん、超高価となっていますが、ダンヒルというブランドネームには、それ相応の価値と威力がありますので、初期投資として、ここにドンとお金を掛けよう!という判断は、間違いがないと言えるでしょう。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、イタリアで誕生した、高級ファッションブランドです。

アルマーニのバッグを使っているといえばもう、それは、社会人として立派に成功している証でしょう。

世界観は、ブラックやブラウンが基調となっており、いたってシンプルなものが中心です。

ただ、同じシンプルなアイテムでも、アルマーニ製のものであれば、説得力は抜群。遠目で見た時のオーラや存在感が違います。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、スコットランドで誕生した、革製品の専門ブランドです。

クラシカルで上品な雰囲気が魅力で、英国で伝統的に親しまれている堅牢な素材、ブライドルレザーを使ったアイテムが多数、展開されています。

ブライドルと言えば、アンティーク調の格調高いテイストが魅力的。使い込むほどに、味わいを増していく経年変化を楽しむこともできる、大人のための贅沢な素材ですので、是非、本場のグレンロイヤルで手に入れてみてください。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、ヨーロッパの中でも、珍しい国、スイスで誕生しているブランドです。

それだけでも希少価値が高いので、他の人と同じようなファッションでは満足できない!なんて人にお薦めしたい、ハイセンスなブランドです。

中でも、モード系のクールなファッションが好きだという人とは親和性抜群。

ブラックのベースに、スイス国旗を思わせる、赤と白のストライプという印象的なデザインを是非、ファッションに取り入れてみてください。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

優雅で美しい編み込みのバッグに魅せられたことはあるでしょうか?もし、レザーの細かい編み込みに興味があるなら、究極に贅沢なイタリアのブランド、ボッテガ・ヴェネタを狙ってみてください。

数あるハイブランドの中でも、ボッテガヴェネタは最高ランクに高級となっていますが、その威力は絶大です。

ビジネスバッグにはしっかり投資をしたい、と考えている人なら、ボッテガクラスのブランドに手を伸ばすべきでしょう。

 

VERSACE(ヴェルサーチ)

VERSACE(ヴェルサーチ)

ヴェルサーチは、ファッションの本場、イタリアで誕生している高級ファッションブランドです。

ヴェルサーチのイメージは、セクシーかつゴージャス。イタリアらしい、華やかな雰囲気が、これでもか!というほどに感じられる、「陽」なブランドです。

いわゆる、チャラい人々が飛びつくようなところもあるのですが、そこがまたヴェルサーチの魅力でもあります。

気分を上げたい時に、覗いてみて欲しいブランドです。

 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、イタリアで、2004年に誕生しているブランドです。

ミシン1つで鞄造りを始めたところから歴史がスタートしているというだけあって、ステファノマーノは、卓越したクラフトマンシップを味わうことができるブランドとして定評があります。

通常の何倍もの時間が掛かるのに、いまだに「手仕事」にこだわっており、温かみのある、贅沢なハンドメイドのバッグや財布を楽しむことができるのです。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバンクラインは、香水やボクサーパンツで有名な、アメリカのファッションブランドです。

カルバンクラインのイメージは、セクシーでかつ清潔、といったところでしょう。

超高級!というラインには位置していないので、若い世代のビジネスマンにお薦めしたいブランドです。

カルバンクラインの魅力は、女性受けも良い、というところです。カップルで愛用したり、プレゼントをしあったりするのに向いているブランドでもあります。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、誰もに愛される、上品で優雅な世界観が魅力的な、英国のファッションブランドです。

「育ちが良い」というイメージをアピールしたいのであれば、バーバリーほど適しているブランドはありません。

間違いなく、超高級なハイブランドであるのに、成金趣味的な感じや、イヤミな感じが一切なく、どこまでも洗練されていて、上流階級の人という雰囲気が漂ってくるので、絶対的にお薦めができるブランドなのです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは、英国で誕生した、ファッションブランドです。

シンプルなのに、ちょっと尖った要素がプラスされている、というところがポール・スミスの魅力でしょう。

そのため、ファッション初心者が、上級者へと垢抜けたい時に頼られやすい存在となっており、若い世代のメンズの心強い味方となっています。

特筆すべきは、独特のセンスで産み出されているマルチカラーでしょう。商品のどこかに高確率で施されているので、チェックしてみてください。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、文化の発信源である、ニューヨークで誕生したブランドです。

日本の良識ある大人は、とりあえずという感じで、コーチのバッグや財布に頼りたがる傾向があります。

ハイブランドの代名詞的威力がある一方、落ち着きのあるブランドに見えて、実は斬新でポップなテイストの商品も展開しているなど、奥が深い存在でもあります。

価格帯も、高価ではありますが、他のブランドと比べると、やや抑え目なので、そこがまた魅力でもあります。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , ,