紳士に似合う人気でおすすめのバッグブランド24選

   

 

紳士に似合う人気でおすすめのバッグブランドを厳選しました。

 

紳士のバッグブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

紳士に似合うバッグが多数揃っているブランドと言えば、最近の筆頭は、ココマイスターで間違いないでしょう。

ココマイスターは、ヨーロッパテイストの、格調高い気品溢れるバッグを展開している、日本のブランドです。

ブライドルやコードバンなど、紳士人気の高いレザーなどが採用されているので、革製品マニアの人も必見です。

 

Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコはイタリアのブランドですが、スーツ姿の日本人に良く似合う、絶妙なテイストのバッグが多数展開されています。

特に、若い世代のビジネスマンは必見。オロビアンコの良いところは、適度にゴージャスで華がある、というところなのです。

地味にオジサンっぽくまとまってしまいたくない、という意識の高いメンズにお薦めです。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリのバッグは、どこまでもオーソドックスです。

ただ、皮革をオリジナルで開発しているほど、こだわりの強いブランドだけあって、ディテールが凝っている他、カラーバリエーションも、とにかく豊富に揃っているという利点があります。

他のブランドにはない色のバッグで、人と差をつけたい、と考えている人は注目してみてください。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、日本の企業が手掛けているブランドです。

基本的にシンプルでオーソドックスなモデルのバッグが中心なのですが、とにかくシルエットが美しく、計算し尽されていたり、ハッとするほど、発色が鮮やかだったりと、こだわりの強さもしっかり感じられるところがポイント。

ひけらかさないけれど、主張があるという、日本人の感性にしっくりくる存在です。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダは、日本で誕生した、コンセプチュアルなブランドです。

ペッレモルビダのバッグを持っていると、そのままオシャレをして、豪華客船の旅に出掛けてみたくなることでしょう。

セレブの休日によく似合いそうなバッグが展開されている他、ビジネスシーンにも違和感なく溶け込んでくれそうな紳士向けのバッグが多数揃っています。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、とにかく質で選ぶならガンゾに限る、とマニア達の間で囁かれているほど、レザーにこだわり抜いている、本格志向のブランドです。

海外のハイブランドに飽きてしまったというセレブな人々も、最終的にはガンゾに辿り着く、なんて言われているほどの存在です。

リザードやクロコなどの、マニアックな素材も揃っているので、これは必見。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、東京にしか店舗がない、幻のような存在のレザーグッズブランドです。

渋くて重厚感に溢れるバッグなどが展開されているため、ミドル層、シニア層の、こだわりが強いベテラン世代から、高い支持を得ています。

遠方の人は、なかなか購入することができないと思われますので、オンラインストアを頼るのが正攻法となってくることでしょう。

 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

安心できる、日本品質のバッグが欲しいけれど、洗練されたスタイリッシュなブランドのバッグも欲しい…という贅沢な願いを、どちらも叶えてくれるブランドといえば、土屋鞄製造所です。

土屋鞄製造所のバッグにはクラシカルな雰囲気が漂っているのですが、決して古臭いというわけではなく、どこまでもスタイリッシュで、モダンな空気感に溢れているというのが魅力なのです。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ありきたり過ぎないけれど、信頼度も高いブランドでバッグを探している、ということなら、ソメスサドルを頼ってみるのが良いでしょう。

ソメスサドルは、北海道で馬具と革製品の製造を行っているブランドです。馬具を製造できるほどの実力あるブランドというのは、実は限られてきます。

しかも、ソメスサドルのセンスは、非常に優美でかつ洗練されているので、かなりお薦め。

 

YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

YUHAKUのバッグの魅力に一度取り憑かれてしまうと、なかなかそこから抜け出すことはできないでしょう。

YUHAKUのバッグは、単なる道具であるとは思えず、芸術作品として、美術館に飾ってあってもおかしくないほどの輝かしさとオーラに満ちています。

海外の専門家も注目するというほどの、ハイレベルな染色技術をたっぷりと味わってみてください。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは、若いメンズであれば、誰もが一度はお世話になったことがあるのでは?というほど、日本において人気、知名度ともにかなり高いブランドとなっています。

シンプルなのに、ありきたり過ぎず、尖ったマルチカラーが施されていたりするので、綺麗目のファッションに合わせやすく、かつ個性もアピールすることができるので、利便性の高さが抜群なのです。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、世界の文化の発信源である、ニューヨークで誕生した高級ブランドです。

コーチの頭文字である「C」のマークがデザインされているモノグラムは、あまりにも有名。ブランドもののバッグや財布を象徴するような存在となっています。

落ち着きのある、大人向けのブランドという印象を持っている人が多いでしょうが、実は大胆に攻めているようなシリーズも多いのです。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、英国で誕生した、紳士向けの超高級ブランドです。

基本的にデザインは、シンプルかつエレガント。特に、デザインが奇抜で尖っている、というような要素はないのですが、とにかく一流品としてのオーラに満ちている、というところが何よりの魅力です。

ダンヒルのビジネスバッグで通勤するというのは、世の全ての男性の憧れと言っても過言ではないのです。

 

Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

フェリージは、イタリアで誕生した、上品な革製品ブランドです。

いかにも「ブランドものです」というような、これ見よがしな雰囲気はなく、どこまでも高感度が高い、というところがフェリージの魅力と言えるでしょう。

レザーに加え、シルクのように高級感溢れる、光沢のあるナイロン素材を採用するというのが、フェリージの特徴です。

 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、職人の手作業による、味わい深い革製品を楽しむことのできるイタリアのブランドです。

システマティックな工場で、大量生産されたようなバッグよりも、1点1点、愛情を込めて造られているバッグに興味がある、という人は、ステファノマーノでお気に入りの商品を探してみるべきでしょう。

 

ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは、英国王室の人々も愛用しているという、気品溢れる伝統的なブランドです。

店舗数が少ないので、それだけでも希少価値はかなり高いのですが、バッグとなると、さらに入手は困難になってくるでしょう。

ただ、それでも、手に入れたい!というコアなファンが多いブランドになるので、それだけ深い魅力に溢れているというのは間違いありません。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガヴェネタは、イタリアで誕生した、超高級ブランドです。

全面が職人によるレザーの編み込み、イントレチャートで構成されているような商品となると、ビジネスバッグなら、数十万円ほどの価格帯になってきます。

セレブも憧れるような、贅沢なブランドなので、栄華を極めたら、いつかは手に入れてみてください。

 

Berluti(ベルルッティ)

Berluti(ベルルッティ)

ベルルッティのビジネスバッグを愛用することができる人、というのはかなり限られてくることでしょう。

本物のセレブか、それとも、ビジネスバッグに投資をするということの意味を、しっかり理解している人でないと、思い切って購入することはできないはず。

まるで芸術品のような、美しいアンティーク調のテクスチャーと、大胆なカリグラフィーは絶品。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、日本人人気がとにかく高い、安定感のある英国発のブランドです。

どんなデパートであっても、バーバリーなら、必ずショップが展開されているはず。

そんな知名度の高いバーバリーは、マフラーのブランドとしても愛されているので、親しみ感は抜群なのですが、実は驚くほど高価な超セレブ向けのブランドなので、ご用心を。

 

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

Giorgio Armani(ジョージ アルマーニ)

ジョルジオ・アルマーニは、イタリア発のファッションブランドです。

ブラックやブラウンを基調とした、シックでエレガントな世界観が魅力的で、ビジネスマンのオンスタイルに、さりげなく色気と華を添えてくれるような存在です。

本家のジョルジオ・アルマーニは、中でも特に高級でセレブ向けな価格帯のブランドとなっています。

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

本物のセレブが愛するブランドと言えば、サルヴァトーレ・フェラガモです。

知名度は高いのですが、ありきたりでないというところポイントで、有名なガンチーニのモチーフも、決してこすられ過ぎていないという魅力があります。

元々は、女性向けのシューズを開発していたブランドですが、現在ではメンズ向けのバッグやシューズなども充実しています。

 

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

プラダは、イタリアで誕生した、超人気高級ブランドです。

どちらかというと、女性人気の高いブランドになるので、男性であえてプラダのバッグを購入しようと決意する人は、少ないかもしれません。

ただ、プラダのバッグを愛用しているということは、奥さんと仲が良いのかな?とか、彼女からのプレゼントなのかな?というようなセクシーな印象を与えることができるはず。

 

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

セレブの御用達ブランドといえば、その筆頭はやはりグッチでしょう。

フランスのルイヴィトンに対し、イタリアのグッチというのは、他に譲ることのない、安定の王道2トップです。

グッチの象徴は、ブラックのブラウンのベースに「GG」のシグニチャーか、もしくは、赤と緑の、国旗風ストライプでしょう。

奇抜なデザインも多く、アーティスティックな人々にも愛されています。

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは、世界的に有名な超人気ブランドです。

あまりにも知名度が高いため、ブランドやファッションに関して知識のない人々でも、これさえ持っておけば威張りが効くのだろう、といった考えで安易に手を伸ばしがちだったりします。

大人として、1つはヴィトンのアイテムを持っておきたいと思えるような、定番のブランドです。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , ,