MEN'S BIGI(メンズビギ)メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

   

MEN'S BIGI(メンズビギ)

メンズビギは、あの有名なメンズファッションブランド、 TAKEO KIKUCHI の創設者である、菊池武夫氏が、友人達と集まり、レディース向けのブランド「BIGI」を設立したことからスタートしました。「メンズ」と頭に付いているのには、そういった事情があるわけです。

出典:http://www.mens-bigi.com/

 

クロージングの原点である、「英国」の伝統やトレンドを常に意識しながら、常に「斬新さ」と「完成度」にこだわる、というのがメンズビギのポリシーです。

流行に左右されない、普遍的なメンズ向けウェアやアイテムを展開

基本的には、流行に左右されない、普遍的なメンズ向けウェアやアイテムを展開しています。

2001年からは、坂田真彦氏が、ディレクターとして就任しています。

 

商品の特徴は?

メンズビギのバッグは、若いメンズが街歩きで使いやすいような、カジュアルだけれども、シックにまとめられているという、テイストに仕上げられています。

メンズビギのバッグ

大元が同じというだけあって、TAKEO KIKUCHI の世界観に良く似ています。

強いて違いを挙げるなら、TAKEO KIKUCHI よりも、やや装飾が凝っていて、華やかという印象があるかもしれません。

ディテールが凝っているので、実際の値段以上に高級感が感じられます。

 

価格帯や購入層は?

メンズビギの価格帯は、かなりリーズナブルです。

見た目にはそれなりに高級感があるのですが、まだ働いていない大学生でも、お小遣いやバイト代の範囲内で、どうにか購入できそうな、新説な価格設定となっています。

毎月、自分で使えるお金が制限されているお父さんにとっても、メンズビギというブランドは、強い味方であると言えるでしょう。

 

1万円もあれば、多くの商品を購入することが可能です。

しっかりとした造りのビジネス向けブリーフケースであっても、2〜3万円程度で購入することができてしまいます。

安っぽいブランドだと思って、敬遠している人もいるかもしれませんが、要はどういった人が持つか、ということが重要でしょう。

男性として、魅力あるオーラを放っている人が持っていたら、とても1万円台のバッグには見えないはずです。

 

世間の評判は?

メンズビギに対する世間の評判は、やはりリーズナブルで親しみやすいブランド、といった声が中心です。

20代〜30代くらいまでの若い世代の人が愛用していて、プレゼント需要も高い、といった印象を抱かれているようです。

 

価格帯の安いブランドは、安っぽいとか、壊れやすいとか、品質が悪いといった声ももっと挙がりそうなものですが、メンズビギに関しては、そういった悪評は流れていないようです。

 

お薦めの商品は?

トートバッグ

トートバッグ

男性が通勤時にかついでサマになる感じの、ざっくりしているのに上品なトートバッグです。

素材は、お手入れが楽なフェイクレザー。多少の雨なら弾いてくれるので、無理して本物のオールレザーバッグを購入するくらいなら、思い切ってこういったバッグを安価で手に入れてしまうというのも賢いやり方と言えるでしょう。

価格は1万円ほど。見た目よりもウンと安いことに驚きです。

 

【Apiana(アピアナ)】別注 ビジネスバッグ(撥水加工)/ナイロン×レザー セレクト

【Apiana(アピアナ)】別注 ビジネスバッグ(撥水加工)/ナイロン×レザー セレクト

ベルトのデザインが凝っていて、クラシカルでありつつも現代人に似合いそうな、デザイン性の高いブリーフケースです。

カラーバリエーションは、ブラックと、ネイビー、そして、コントラストの鮮やかなレザーとの2トーンが美しいバージョンで展開されています。

タブレットやPCの収納にも適しているので、仕事でモバイル系端末が必須だという人でも安心して使うことができます。

 

どこで購入できる?

メンズビギの商品を購入することのできるショップは、全国に多数展開されています。

高島屋のような高級デパートをはじめ、丸井や、イオンモールなども網羅しているので、まずはお近くのメンズビギショップを検索してみてください。

公式サイトのショップリストをチェックすれば、早いでしょう。

サイト内には、オンライショップも存在していますので、手っ取り早くそちらで購入することも可能です。

 

まとめ

菊池武夫氏が立ち上げたブランド、BIGI のメンズ版、メンズビギについて、特徴や魅力、世間の評判などをお伝えさせてもらいました。

デザイン性が高く、高級感もあるのに、かなりリーズナブルな価格帯で展開されているので、世の多くの男性にとって、これは強い味方であると言えるでしょう。

1万円前後くらいからで、ビジネス向けのバッグや、カジュアルなボディバッグ、トートバッグなどを入手することができますので、チェックしてみてください。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - 各ブランドの特徴・評判・口コミ ,