オロビアンコのリュックサック(CULTO-C 02)をレビュー

   

オロビアンコのリュックサック(CULTO-C 02)をレビュー

通勤時に使うビジネスバッグは、ブリーフケース派か、トート派が主流、といった感じで、リュック派の人は、まだまだ少数という印象です。

ただ、数ヶ月くらい前から、自分の中で、猛烈にバックパック欲が高まって来てしまい、抑え切れなくなったので、思い切ってこのオロビアンコのリュックサックを購入しました。

 

リュックサック(CULTO-C 02)の気に入っている点

ブランドをオロビアンコに決めたのは、通勤時でも、プライベート時でも、どちらでも使えそうな雰囲気の、華やかなバッグが揃っていたからです。

リュックサック(CULTO-C 02)の気に入っている点

カチっとし過ぎている、地味な印象のバッグだと、通勤時には向いていても、休日に使いづらくなってしまいそうなので、それだとまた別のリュックがいるなぁ…と。

予算的に、2つ新調するほどの余裕はなかったので、オンオフ兼用っぽいブランドを探していたところ、オロビアンコがピッタリだということになったんです。

 

結果、このリュックにして、とても良かったと思っています。

ジャケットを着て、デニムや、コーデュロイっぽい素材のパンツなんかを合わせた時にも、このバッグは、とてもよく似合ってくれます。

全体的な雰囲気は上品

全体的な雰囲気は上品なんですけど、細かい装飾が凝っているので、派手!まではいきませんが、ほどほどにゴージャスな印象があるな、と。そこが一番気に入っているポイントです。

 

ちなみに、このバッグは、2トーンカラーで構成されているのがオシャレなんです。

2トーンカラーで構成されているのがオシャレ

色のバリエーションはけっこう多くて、悩みましたが、僕はネイビーっぽい色に、赤茶系の差し色が施されているバージョンを選びました。

色のバリエーション

鮮やかなブルーのラインが入っているものも気になったんですけど、基本的に通勤に使うものなので、そこは無難なものの方が安心かな、と思ったのが判断の決め手でした。

 

僕がこのバッグを初めて見た時は、ネット上の画像だったんですが、正面から見た時の印象は、けっこうゴツいのかな?って感じでした。登山ができるくらいのボリューム感を想像したんですよね。

マチの幅がそれほど分厚くなくて、わりとスリム

ただ、実際は、マチの幅がそれほど分厚くなくて、わりとスリムというか、スマートでスタイリッシュな印象を受けました。

 

あと、リュックサックって、けっこう、一時的に背中から降ろして、持ち歩きたい瞬間があったりするんですが、そんな時、ハンドルが付いてくれているのは、かなり便利だな、と思いました。

ハンドルが付いてくれている

多くの商品に、標準で備わっている機能だとは思うのですが、たまにハンドルのないリュックもあるので、これはかなり良かったと思える点です。

 

リュックサック(CULTO-C 02)を使用してみた感想

容量に関して、これで特に不満はありません。

容量に関して、これで特に不満はありません。

通勤時に必要なものは全部入りますし、たくさん入れても、背負心地が良いので、負担に感じることはないです。ポケットも多くて、小物の整理整頓にも向いています。

ポケットも多くて、小物の整理整頓にも向いてい

サイドポケット&フロントポケット。

IMG_9021s

リュックのフラッペ部分にもポケット。

 

内部にアクセスするために、いちいちフラップを開けるのが面倒クサそう…と思う人もいるかもしれませんが、実はサイドにジップが付いていて、ここから直接中に手を入れられるので、わざわざ全体を開閉しなくても、ちょっとしたものは、スッと出し入れすることが可能なんです。

サイドにジップが付いて

これはストレスフリーだな、と思いました。

 

外装は、見ての通りなんですが、実は内装も凝っていてオシャレです。

内装も凝っていてオシャレ

オロビアンコのロゴを簡易化した、「ob」の文字が模様になっていて、ちゃんと高級感があります。こういう、見えない部分もしっかり造られていると、地味に嬉しくなります。

 

ちなみに、このリュック、底面にちゃんと、鋲が打たれてるんです。

底面にちゃんと鋲

リュックサックなのに、鋲が打ってあるって、すごく丁寧だな、と思いませんか?

マチ幅がそんなにないので、完全に自立させるとなると難しいんですが、壁などを使って立て掛けつつ、床に置かないといけない、なんてシーンでは、この鋲が心強い味方になってくれるって感じです。

 

まとめ

通勤をバックパックスタイルに切り換えたい、と考えている人には、オロビアンコでのデビューをオススメします。

カジュアル過ぎずに、きちんと、ビジネスバッグっぽい雰囲気

カジュアル過ぎずに、きちんと、ビジネスバッグっぽい雰囲気をまとってくれているので、切り換えてすぐの時に、妙な違和感を抱かなくて済むと思います。

 

この商品の価格は5万円台です。素材に、ナイロンだけでなく、レザーも使われていたり、装飾が凝っていたりするのに、この価格でいい、というのは正直、安いなと思いました。

オロビアンコはイタリアのブランド

オロビアンコはイタリアのブランドで、イタリアと言えば、ファッションの本場ですから、それなのにこの値段、というのも、オススメできるポイントです。

 

僕は使っていない機能なのですが、キャリーバッグとも連結できると仕様に書いてあったので、出張が多い人にも向いていると思います。

キャリーバッグとも連結できる

ただ、けっこうな収容力なので、これ1つで済んでしまうかもしれませんが…。

出張時は、お土産の購入なんかで手荷物も増えますから、ハンズフリーでいたい場面も多いと思いますので、検討してみてください。

 

このバッグの在庫を見てみる

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - リュックサック・バックパック, レビュー・評価・感想 ,