3年間使用しているマレキアーロのショルダーバッグをレビュー

      2016/07/17

マレキアーロ(Markiaro)のショルダーバッグ

マレキアーロ(Markiaro)のショルダーバッグを使用してちょうど3年間になります。

仕事や所用で外出する時に使っていますが、バッグの長所と短所がはっきりと分かってきたので、レビューしたいと思います。

 

ユニークなデザインと落ち着いた色合いのショルダーバッグ

ユニークなデザインと落ち着いた色合いのショルダーバッグ

今回紹介するショルダーバッグで気に入っている点は、そのユニークなデザインです。

バッグの表面に施された凹凸感のある菱形模様が特徴的で、カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎずと、状況を選ぶことなく使うことができます。

このバッグを買う前は、凹凸のないツルツルした革のビジネスバッグを頻繁に使っていました。しかし、いかにも「ビジネス」というデザインだったため、気分転換の意味も込めてこのバッグを使い始めてみました。遊び心たっぷりのデザインにとても満足しています。

また、深みのあるダークブラウンの色合いも、このショルダーバッグに愛着が湧く理由のひとつです。目立つ色ではありませんが、渋めの雰囲気を醸し出すバッグを探している人には、ぴったりの色だと思います。

 

3年間使い続けて実感できた良い点と悪い点

ショルダーバッグはサイズが大きめ

仕事で外出する時は、どうしてもバッグに入れる荷物が多くなります。でも、このショルダーバッグはサイズが大きめなので、ノートパソコンのほか、厚めのファイルや書籍を入れても無理なく使うことができます。

比較的ゆったりめ

大体のサイズは縦32cm、横40cm、マチ12cmと比較的ゆったりめで、とくに幅のあるマチが便利なポイントだと思います。

 

一方、不便だと思う点は、革が柔らかめにできていることです。

本牛革ですが、非常に柔らかくなめしてあるせいか、バッグを立てたまま置いておくことは難しいです。空の状態ならかろうじて立つといった具合で、荷物を入れると、左右どちらかに倒れてしまいます。

革が柔らかめ

壁があれば立てかけることができますが、何の支えもない状態で、床やフロアに直接バッグを置かざるを得ない状況においては、不便に思うことが多々あります。

 

経年による色艶の変化はほとんどなし

このショルダーバッグの色合いについて言えば、経年による色艶の変化はほとんど見られないというのが実情です。

経年による色艶の変化はほとんどなし

光の当たり具合や見る角度によって左右されますが、どちらかというとマット感のある革に仕上がっています。

このマット感は、購入した当初からまったくと言っていいほど変わっていません。なので、使用しながら色艶の変化を楽しみたい人には、おすすめできないバッグかもしれません。

 

革の耐久性は強い印象を受けます。

目立ったかすり傷はない

電車の中や外出先など、あちこちでバッグを擦ってしまったことが何度もありますが、目立ったかすり傷はない状態です。

 

マレキアーロのほかのバッグの特徴

マレキアーロは、イタリアの万年筆メーカー・デルタ(DELTA)が展開する革製品のブランドです。

デルタは万年筆をはじめとする筆記具の分野でよく知られているため、まずはデルタの万年筆が気に入り、その流れでマレキアーロに行く着く人が圧倒的に多いと言えます。

マレキアーロでよく使われる素材は牛革で、デザインはどちらかというと暖色系が多いように思われます。もともと、デルタのイメージカラーがオレンジなので、マレキアーロの革製品にも、オレンジ色のバッグ、財布、手帳、あるいはペンケースなどが多く見られます。

私は自分の好みでダークブラウンを選びましたが、鮮やかで明るい色のバッグを探している人は、マレキアーロの購入を検討してみるといいかもしれません。

 

マレキアーロの革製品を見ていると、おしゃれ系のイタリアデザインを意識している印象を受けます。

付属している革製の小さなポーチ

現在使用しているショルダーバッグは地味な色合いですが、菱形の凹凸模様のほか、本体に付属している革製の小さなポーチ、マレキアーロのロゴやマークが入った飾りなど、さり気ないところに凝らされた意匠が見られます。

 

マレキアーロ ショルダーバッグを買ったきっかけ

このショルダーバッグを買ったきっかけは、私自身もデルタの万年筆を愛用していたからです。

マレキアーロについては、まずデルタの万年筆を入れるペンケースを購入し、その後に手帳を揃え、そして最終的に、このショルダーバッグを購入しました。

マレキアーロのロゴ

ネットで取り寄せたため、購入前に手に取って見る機会はなかったのですが、使い心地の良さは使用してすぐに実感できました。

また、購入して初めてバッグを開けた時ですが、Markiaroの革のタグが付いてるのを目にして、とても嬉しい気持ちになりました。

 

まとめ

バッグを探す理由、特定のブランドのバッグが好きな理由は、人それぞれだと思います。

私の場合は、デルタの万年筆のおかげで、マレキアーロのショルダーバッグと出会うことができました。

そんな偶然から始まったショルダーバッグですが、丸々3年間使い続けていても飽きることはありません。これからも、長く愛用していきたいと思います。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ショルダーバッグ, レビュー・評価・感想, 鞄・ビジネスバッグ・ブリーフケース , ,