牛革バッグ(メンズ)を探すなら見ておくべき人気ブランド21選

   

 

牛革バッグ(メンズ)を探すなら見ておくべき人気ブランドを厳選しました。

 

牛革バッグの人気ブランド

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターは、ここ最近、日本で人気、知名度共に急上昇している革製品のブランドです。

ヨーロッパ産の上質な皮革素材を使った、本格的なバッグや財布を入手することができ、世界観は、英国紳士チックなのですが、実は日本のブランド。

高品質で、かつ丁寧に縫製されている、ビジネスマン向けの商品が多数展開されているので、上品なレザー系バッグを探しているということなら、チェックしておくべきでしょう。

 

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

アニアリは、日本で誕生した、革製品の専門ブランドです。

オーソドックスで使い勝手の良い商品が中心なのですが、カラーバリエーションが驚くほど豊富、というところがアニアリの大きな特徴でしょう。

同じようなデザインのバッグであっても、珍しい色のカラーバージョンが手に入るので、地味になってしまいがちなスーツ姿や、ジャケットスタイルに、華を添えたいなんて考えを持っている人にもお薦めです。

 

HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

革製品らしい革製品が好き、ということであれば、ヘルツのバッグを魅力的だと感じることでしょう。

ヘルツの商品には、職人のこだわりがとにかく詰まっています。独特で他にはない、存在感の強いバッグや財布が揃っています。

注文を受けてから商品の製造に入るというスタイルや、一人の職人が、一つの商品に最初から最後まで携わるというスタイルにも、一本筋の通った情熱を感じることができます。

 

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは、海外発のハイブランドに飽きてしまったような人が続々と目をつけている、本格志向な日本のブランドです。

とにかく素材の質が良く、ブライドルやコードバンといったアイテムの他、希少価値の高い珍しい革素材なども扱っています。

牛革のバッグを探しているということであれば、真っ先にガンゾをあたってみるのがいいかもしれません。

オーソドックスで上品な、使い勝手の良い一品に出会うことができるでしょう。

 

万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

万双は、革製品に対してコアなこだわりを持つ、マニアックな大人の男性が注目しているブランドです。

実店舗は、東京にしかないのですが、それでもネットを中心に高い評価を集めており、通販を使って手に入れようとする人や、わざわざ遠方から足を運ぶという人も。

働き盛りのビジネスマンはもちろん、シニア層の男性にも似合うような、渋くて味わいのあるテイストが魅力となっています。

 

HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

エルゴポックは、日本の企業が手がけている、革製品の専門ブランドです。

とにかく革の質が良いことで知られており、またそれだけでなく、シルエットが美しく、機能性が高いという点も評価のポイント。

シンプルなバッグであればあるほど、信頼度の高いブランドに頼っておいた方がいい、という法則に気づいている人は、エルゴポックに手を伸ばすべきでしょう。

色鮮やかな発色の良いバッグが展開されているのもまた、魅力的。

 

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

ソメスサドルで手に入る牛革のバッグは、堅牢でエレガントな魅力を放っています。

ソメスサドルは、北海道で馬具を製造しているメーカーでもあるので、その縫製技術には、高い信頼度が伴っているのです。

馬具や馬をモチーフとしているような、独特の流曲線が施されているのも、ソメスサドルの特徴です。

他とは一味違う、独特の世界観に浸りたい、ということなら、これほど適しているブランドはないでしょう。

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

ペッレモルビダのバッグは、どこまでも洗練されていて、優雅な魅力を放っています。

豪華客船の旅というコンセプトで展開しているので、世界観はどこか、ヨーロッパチックなのですが、実は日本のブランドで、高品質な商品の数々を製造しているのです。

ペッレモルビダの本当の魅力を味わいたければ、海面を思わせるようなブルー系の商品をチェックしてみてください。

ただ、そのほかにも、バリエーション豊かなカラーが揃っています。

 

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイサクジョ)

土屋鞄製造所が、老舗という看板の元にあぐらをかかず、いかに挑戦を続けているブランドであるか、ということは公式サイトを見れば一目瞭然でしょう。

土屋鞄は、常に、現代人のニーズに合わせた、機能的でスタイリッシュな商品を生み出し続けているブランドなのです。

革の質も素晴らしく、様々な方向性で、色々なニュアンスの楽しめるバッグが揃っています。老若男女に似合うテイストなので、お薦め。

 

dan genten(ダン ゲンテン)

dan genten(ダン ゲンテン)

ダンゲンテンは、ワイルドかつ無骨でセクシーという、大人の輝きを放ち始めた男性にお薦めしたいブランドです。

商品のテイストは、革そのものの魅力を最大限に引き出しているようなモノが中心です。

馬具のような、クラシカルな印象のベルトが施されているものや、1枚革の贅沢な表情が楽しめるようなものなど、バリエーションも豊富です。

ゲンテンという女性向けのラインもあるので、カップルで楽しめるブランドです。

 

dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは、英国で誕生した超高級ファッションブランドです。

エレガントでシンプルかつクールな佇まいの商品が中心ですが、同じシンプルなバッグであっても、ハイブランドのものだと、ここまで放つオーラが違うのか、ということを実感できるブランド、と言えるでしょう。

メンズなら誰もが憧れを抱くような人気ブランドなので、1つ持っておけば、長年に渡って重宝していけることでしょう。

 

ARMANI(アルマーニ)

ARMANI(アルマーニ)

アルマーニは、イタリアで誕生した、高級ファッションブランドです。

アルマーニグループは超巨大で、本家のジョルジオ・アルマーニをはじめ、エンポリオ・アルマーニなど、数々の派生ブランドを従えています。

それだけ、多くの人の感性に届く、圧倒的な魅力を放っているブランドであることに間違いはないわけです。

落ち着きのある、シックなテイストが特徴的で、スーツに似合うバッグを求めているなら、アルマーニはとにかくお薦めできます。

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは、英国で誕生したクラシカルで気品溢れる革製品のブランドです。

育ちの良い男女は、こういったブランドに、若い頃から慣れ親しんでいる、といった印象です。

グレンロイヤルの特徴は、イギリスの伝統的な皮革、ブライドルレザーを中心に取り扱っているということでしょう。

ブライドルの魅力は、アンティークで格調の高い雰囲気。経年変化を楽しむこともできる贅沢な素材なので、是非、デビューを狙ってみてください。

 

Bally(バリー)

Bally(バリー)

バリーは、スイス発の超高級ブランドです。赤と白のラインは、バリーストライプと呼ばれ、多くのバッグに、モチーフとして施されています。

クールでキレイめなファッションは、女性受けが良いので、バリーのアイテムを加えることで、さらにファッションのランクがアップしそうだ、という人は是非、取り入れてみてください。

メジャー過ぎないポジションも、ツウな感じがして、お薦めできます。

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

ボッテガヴェネタは、イタリアで誕生した、超高級なレザーグッズのブランドです。

特徴的なのは、イントレチャートと呼ばれる、細かいレザーの編み込みです。これは、ボッテガから展開されている、ほぼ全ての商品に、要素としてプラスされています。

全体が編み込みというバッグもあれば、一部だけに編み込みが施されている商品もあります。

セレブも憧れるような、本物の高級ブランドなので、いつかは手を伸ばしてみてください。

 

VERSACE(ヴェルサーチ)

VERSACE(ヴェルサーチ)

ヴェルサーチは、華やかでゴージャスでセクシーなニュアンスたっぷりの、アゲアゲ系高級ブランドです。

日本では、ホストやキャバクラ嬢が好んで愛用しているようなイメージもあるので、ちょっとチャラいかも…と敬遠している人もいるかもしれませんが、シンプルなスタイルにさりげなくヴェルサーチのアイテムを取り入れると、究極にオシャレに魅せることができます。

自分に合ったテイストのヴェルサーチアイテムをまずは探してみてください。

 

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

ステファノマーノは、卓越したクラフトマンシップを味わうことのできるブランドです。

これだけ機械化が進んでいる大量生産の時代においても、いまだにミシンを使って、1点1点、時間を掛けて商品を手作りしている、というところがステファノマーノの特徴であり、魅力なのです。

職人の愛情が感じられる、温かみのある革製品を使えるということは、現代における最高の贅沢と言えるかもしれません。

 

Calvin Klein(カルバンクライン)

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバンクラインは、アメリカで誕生したファッションブランドです。

現在は、ボクサーパンツや、香水のブランドとして認知している人も多いかもしれませんが、実はバッグや財布などのレザーグッズも、多く展開されているのです。

カルバンクラインの魅力は、何といっても、女性受けが抜群に良い、ということでしょう。

セクシーでかつ、清潔感のある、大人の男性の魅力をアピールしたいなら、これほど適しているブランドはありません。

 

BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、チャラチャラしていない、お行儀の良いハイレベルなセンスの良さを見せつけたい、という真面目な大人にうってつけのブランドです。

紳士の国、イギリスで誕生しているだけあって、バーバリーから漂ってくる品の良さは、とにかく最高レベル。

価格帯も最高にお高めとなっていますが、それだけの価値を感じられるからこそ、バーバリーのバッグを求める人は、後を絶たないのです。

 

Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

ポール・スミスは、洗練されたセンスが魅力的な、英国のファッションブランドです。

スーツに合わせやすいような、シンプルで使い勝手の良いアイテムが中心ですが、決して地味にならない理由は、独特のマルチカラーがさりげなく施されているから。

目立つ位置に大胆に入れられているものもありますが、裏地やワンポイントなどで、こっそりと鮮やかな色を魅せる感じが、究極にオシャレなのです。

 

COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

コーチは、アメリカのニューヨークで誕生している、高級ファッションブランドです。

「C」のモノグラムが有名で、エレガントで落ち着きのある、大人の男女に良く似合います。

実は、多くのデザイナーと、積極的にコラボを行っているような攻め姿勢のブランドでもあり、「これもコーチなの!?」と驚くような、ポップでふざけた感のあるテイストが魅力となっているバッグなども展開されています。

 

おすすめバッグブランド

まずは日本製に目を向けてみませんか?
当サイトでオススメしてるのは国産のバッグブランドです。

日本の熟練職人が制作するバッグは、世界でもトップレベルの完成度で、海外製品とは一味も二味も違うこだわりが感じられます。

そんなこだわりの日本製ブランドをこちらにまとめたので、ぜひご覧ください。

「メンズバッグ・鞄」人気が高い日本の革製品ブランド36選

 - ランキング・おすすめ・人気 , ,